町田樹の言葉

町田樹という人は、「言葉」の人だ、と折に触れて思います。
インタビューで語られる彼の「言葉」は、映像媒体でも、文字媒体でも、本当にすうっと頭に入ってくるのが実に心地よくて、言葉に込められた誠意が素直に伝わってくるように思います。
そして、「言葉の人」であるのは、「言葉」そのものを語る場合に限られない。
今季のスケートアメリカでSP「エデンの東」を見た時、氷上に詩が見えると感じ、EX「白夜行」を見た時、生きていくことの「痛み」について「語りかけて」来るように、確かに感じた。
それは、彼が演技を通じて何かを伝えようとした時、それがあたかも言語化されることによって具象化されたものであるかのように見る者に伝わるからなのではないかと。

で。
町田樹の「言葉」と言えば、もはや代名詞のようになっている「語録」ですが、割と早い時期に戦略として意図的に仕掛けていると本人がネタばらししていたので、普通に面白がってたな。
それだけに、ソチ五輪の個人戦SPの後の、「僕、こんなミスしないんですけど…」という「語録」を意識しないままに発した一言はショックの深さが思いやられるようで、それだけに続く逆ヴァレンタイン発言が何とか自らを奮い立たせようとして無理矢理絞り出した感がありありで、もう痛々しいやら健気やら。

で、五輪後、世界選手権生観戦に向けて、ふと思い立って『エデンの東』を読み始めてみました。スタインベックは中学生の時課題図書だった『赤い子馬』がちょっと苦手で、それで敬遠していたんですが、いざ読んでみたら、余りにすらすら読めるのでちょっとびっくりした(笑)。

問題の「ティムシェル」の箇所はこちら。

「…『ティムシェル』という言葉で、これは『してよい』という意味です。人間に選択を与える言葉です。世界中で一番大切な言葉かもしれません。つまり、道は開かれていて、すべては人間しだい、と言っています。…『治むること能ふ』ならどうでしょう。人間しだいです。…いくら弱くても、穢れていても、弟を殺しても、人間には偉大な選択の権利が与えられています。人間は自分の進むべき道を選び、そこを戦い抜いて、勝利できるのですから」J.スタンベック『エデンの東』3 土屋政雄訳 ハヤカワ文庫p.74-75

正直、この件を読んだときは、体が震えるかと思いました。彼はこんなことを考えながら、あのプログラムを滑っていたのかと。かなりやばい精神状態だった。
ファンになった対象と同じ読書をするという体験は実は初めてで、この「彼が感じていたことが手に取るように分かる」感覚はちょっとヤバいと思いましたよ。必死で「これは所詮錯覚」と自分に言い聞かせていました。これ、もし町田くんと同じ年頃だったら、確実に大変な勘違いをしていたと思う。あぶねー。
でも、少なくとも、「自分の進むべき道を選び、そこを戦い抜いて、勝利できる」という言葉をモチベーションとして、彼がこのシーズンを戦っていたことは間違いのないことで、いやー凄いことだな、これは、と思いましたよ。
そんな中、世界選手権を目前にした、フジテレビの直前特集のインタビューで、彼が語った言葉。
初めてのオリンピックで経験したことのない重圧を感じたこと。
それでもメダルまで僅差の成績を上げることが出来た。
だから、
「自分は世界選手権でメダルを取ることが出来る選手だと確信した」
『エデンの東』には、上記の引用箇所よりも後に次のような件があります。

「敗北で終わろうとしていたわしの人生が、すばらしい結末に方向転換したように思えた」(承前p.86)

町田くんの上記の発言を聞いた時、真っ先に頭に浮かんだ言葉です。
図らずもジョニーが指摘していたけど、彼は自分のスケート人生が負け続けだと思っていて、実際にそう口にもしていた。
その彼が、「自分は勝つことができる」とはっきり口にしたわけです。オリンピックという舞台を経験した彼は、自分が本当に勝利への道を選びとることが出来る人間だという確固たる自信を確立したのに違いありません。
この時こそ、彼は本当に「ティムシェル」という言葉の意味を実感したのでしょう。

更に彼は言葉を継ぎます。
「もう紙の目標は必要ない」(自宅のドアに目標を書いた紙を貼っていたのを、オリンピック後にやめたことについて)
「語録は卒業」
町田くんを指導している大西コーチが後で明かしたところによると、彼に自信を持たせるためにコーチが指導したことなんですね、「語録」。
それを「卒業」すると宣言したということは、もはや彼はそれを必要としないだけの強さを身に着けたということなんですよ。
その強さを証明するかのような、世界選手権。
町田が、あの羽生を僅差の戦いにまで追い詰めるとは、ほんの数週間前ですら、誰が予想しただろう。
リンクの上にスタインベックの名作の世界を描き切ったSP。
華麗に力強く火の鳥を舞ったフリー。
もはやそこには、あと一歩で世界の舞台というところで挫折を繰り返しもがいていた少年の面影は固より、初めてのオリンピックという大舞台を前に戸惑い混乱していた姿すらも、どこにもなくて。
自分は、勝利への道を確かに選び取ることが出来るのだ、という確たる自信に満ちた姿があった。
…と、言いつつも、「フリーでは優勝を意識して固くなった」と漏らす辺りに、若者らしい気負いを覗かせるところも、また魅力的だったり。
前々日の公開練習も含めて、その一部始終を、この目で見届けることが出来たということは、本当に幸せなことだと思いましたよ。
すいか | 町田樹 | 01:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

町田樹くんのこと

ツイッターを始めるとブログの更新が疎かになりがちで、めっきり放置になってしまっておりますが^^;、超久々の更新です。

初めて彼に出会ったのは2007年。東京ワールド生観戦でフィギュアスケートにどっぷりハマってから割とまもなくの、日米対抗(そういう企画があった)のことでございました。
当時ジュニアの高校生、こちらもまだまだハマりたてて余りよくわかっていなかったこともあって、「あー高橋に似てるなー」以上の感想もなく、スルーもいいところだったのですが。(今動画見ると「やーこの白鳥、なかなかよくね?火の鳥の萌芽が見えるよ?」とか口走っちゃうので、人間の感性なんてわかんない)

その後も、全日本はNHK杯などの試合で見かけるたびに「音楽表現が良い」「踊り上手い」というポジティヴなコメントは発するものの、強く印象付けられるには至らず。

で、初めて生で観たのは2011年のファンタジーオンアイス新潟。ランビ振り付けの繋ぎ詰め詰めの「ドン・キホーテ」を必死で踊ってる姿はかなりの好印象で、後で「ランビで観たかった」などのコメントをネットで見かけると「頑張ってたじゃん!」ってムッとするくらいには好感持っていて、フィナーレでエラい楽しそうなランビを並んで踊ってるその身長差が可愛い萌えるとか言いつつも。
「たくさんいる有望な男子の若手の一人」という域から出るものではなかったのでございます。

その状況が一変したのが、2012年のスケートアメリカ。SPのランビ振り付けのFUYAもドンキほどランビっぽくなくて、いいじゃんって好印象ではあったんですが、フリーの「火の鳥」が!もう音楽との親和性がすんばらしくてですね。リアルな鳥の動きにもすっかり魅せられてしまい、「有望な若手の一人」から「気になる選手」に一気に格上げされたのでありました。
続く中国杯では、例によって、浅田、高橋の影に隠れたメディアでの扱いの悪さに、「町田樹を知らないの?あんな素敵なスケーターを知らないなんて何て可哀そうなんでしょう!ってドヤ顔してやれ」って、かつてあっこに使った表現を使ってたり、その中国杯で優勝したのを、あっこも中国杯が初GPS優勝だったわねーなどと想いを馳せてみたり。

んがしかし。
その年の全日本で大自爆をやらかした彼は、あっこちゃんの不調に心を痛めて、他に気が回らなくなってしまった私の視界から消えて行ってしまったのでした。(あの時期は、全日本、国体、四大陸、ワールドと、ほんっとあっこの好不調の波に振り回されてたからなー)
風の噂に坊主頭になったとか、オフシーズンに入ると自分で振り付けた新プロがいいらしい、みたいな声は聞こえてはいたのですけれども。

そうして迎えた2013-14のソチ五輪シーズン。
GPS初戦のスケートアメリカ。
SP「エデンの東」。
それまでクリアーに決まった例のない(ゴメン)クワドを、コンボでクリーンに決めたパーフェクトな演技での優勝はもとより。
その圧倒的な抒情と、壮大な世界観に、すっかり打ちのめされてしまったのでした。
更に。
EX「白夜行」。
生きていくことの痛みがひしひしと伝わるようなプログラム。
こんな表現がフィギュアスケートであり得るのかと。

この時点で、すっかり魂が抜かれていたのですが、未だ自覚するには至ってはいなくて、あくまでもプログラム萌えだと思い込んでいたのですけれど。

現地観戦した2013全日本選手権。
目の前で演じられたパーフェクトなエデンに茫然としていたところに。
力を振り絞ったフリー火の鳥の演技が終わった後、彼が、こちらのサイドに向き直って、あの美しい挨拶をした瞬間。

あ、恋に落ちたなって思いました。

その瞬間、彼、町田樹は、私の中で特別なスケーターになったのでした。

町田くん自身が「失恋」と表現した、ちょっとほろ苦かったソチ五輪。
私も個人戦男子SPが終わった後、仮眠から覚めた瞬間「あールッツが抜けなかったらなー」と考えていたりしていたのですけれども。
でも、フリーで冒頭の4T転倒したのにも関わらず二本目の4T-2Tはしっかり決めて、がむしゃらに踊り切って銅メダルまで僅差の5位に巻き返した火の鳥は素晴らしかった。

何よりこの五輪が町田くんにもたらした変化というものがこれほどまでだったかと目を見張ることになるのですけれども。

それはまたエントリーを改めて(マジか)

嗚呼、町田沼の底が見えない…。
すいか | 町田樹 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

お宝



大ちゃんが完コピしたという中女あっこのリベルタンゴ。
踊れっぷりについては、栴檀は双葉より芳しだったんだなー。
すいか | つれづれ | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

現地観戦つぶやきまとめ(四大陸選手権in大阪 2/10)

着席ー。今日の席は通路側でドア出てすぐトイレなので、いろいろ安心〜
(ペアFS)
ペアFSウォームアップなう。中国組はツイスト高いのう。
ペア人入ってねー。女子だけ観る人って高いチケ代がもったいねーとか思わんのかすら。(←貧乏性)
ローレンス&スウィーガース、ちょっと男性のソロジャンプのミスがあったけど、良い演技!スケーティングが綺麗。
昊くんたち、生で見ると二人のアンバランスさが余計見えちゃって辛かった。年齢差だけでなくて、五輪メダリストとジュニアの子が組んでるんだからな。程ちゃんが昊くんに追いつけてなくて昊くんも優しい子からすごく気を遣ってて、泣きそうになったわ。
デュハラド、ジャンプの質が良くなかったなあ。ユニゾンとかスケーティングとかいろいろ別格なだけに残念。
メーガン、終わった後アタマ抱えてた。
フェリシアちゃんたち、スローの転倒が残念だったけど、正しいWSSって感じで素敵でした!応援しよ!
ずっと思ってたんだけど、シュナピアくんって、棒だよねw
カーステンたち、素敵!本当にずっと素敵だった!!あのスローでコケさえしなければ!!
デュハラドは抜けなかったー
文婷ちゃんたち、ユニゾンいまいちスケートがさがさで粗削りもいいとこだったんですけど(^_^;)。でもダイナミックさは出せてたと思うのでがんばるが吉。
程ちゃんが普通に滑ってるところで転ぶのって、前も見た気がするけど、あれって昊くんのスピードに付いてけてないせいだよね。第1Gでは一人だけ別次元のスピードだったもの、昊くん。
昊くん、程ちゃんが転んだらすぐ起こして上げて、何か声をかけてるのが聞こえたなあ。本当に気を使って上げてるんだよね…。
えっと、結論から言えば、清ちゃんたちのパソドブレが見たかったよママン。
(女子FS)
女子第1Gが始まってから全く目が開けてられないのでミンティア動員したらある意味目がさめるようなメリンダ大遭難…。
ハムイさん、やっぱりギュンギュン飛ばすなあ。
ハムイさん、かっこいいプロだな。マッシモのコレオなのか。ノーミスで見てみたいけど、ワールド行ける?
子君ちゃん、今日はとても良かった!3Lz-3Tが決まったのが良かったんだな。わかりやすー。キスクラでミニーのクッションとか可愛い過ぎるオレの天使。
可欣ちゃん、スピンに入れなくてノーカンになったけど、最後までしっかり頑張りました!音楽は見事なツギハギだったがぬ…。
アグネスはダメな日だったなー。ジャンプの精度がなー。
オズモンドちゃんのカルメン、生で観ると素敵ー。ジャンプは残念だったけど。
まさかのラプソ連チャン、アメリー、素敵なんだけどなー。ジャンプががっかり過ぎるよなー。
グレーシーもしょんぼり。アグネスやオズモンドちゃんもだけど、10代の勢いのある子がシニアの壁にぶつかったって感じかな。シニアの選手権で経験を積めたのは良かったと思うので、ワールド頑張って!オズモンドちゃんもね!
かなこはルッツのフリーレッグの癖が気になった。ジャンプの精度がいまいちだなーと思ってたら、3連コンボで一気に盛り返した感じ。そろそろかなこにもっと洗練されたプロを振り付けてやってくれんかぬー。
クリスティーナ、転倒は惜しかったけど、よく気持ち切らさなかったな。らしいタンゴになって来てるし。
真央ちゃん、新衣装は現地ではそれほど変衣装感はなかった。個人的には3Aより3F-3Loの精度が上がるといいなって思いますた。セカンドLoって良い物だよね。ステップが好き過ぎて死ぬる。JOの時より断然良かったよ、ステップ。
自分、やっぱあっこに思い入れ強過ぎだなと猛省中。あっこ大好きだけど、他にも大好きなスケーターはいっぱいいるし、みんな公平に応援しなきゃぬとか言いながら、今日のあっこのFS、怖くてジャンプは全部細目で見てたしそもそも最初から半泣きだったし終わったらもちろん爆泣。もっと落ち着け自分。
でもでも。JOも国体も全てこの夜の歓喜の為に用意された苦難だったのですね、スケートの神様!2A-3Tが抜けたのは残念だったけど、SPFS神演技で揃えるのはワールドの宿題(ソチでもおけよ)ということで!
あ、カメ先生、あっこのキスクラに座ってくれて、ありがとん♪( ´▽`)
チームカナダとチームアメリカがうるさいwいつものことだけどww
子君と可欣の時、なんかくっちゃべってるのがいるなあ、と思ったら、楠くんと涵くんだったw可欣ちゃんがスピンミスった時、声かけてたな。
(ザンボタイム)
てなわけで今スモールメダル授与会場前でもみくちゃにされてるなう。
戻るに戻れん。
殺気立っててコワイ(×_×)
プログラム売り子と客の交流になごむ(^_^;)
スモールメダル授与式、背伸びしたら結構顔見えたー。みんなのっぽさんでありがとう。これが大ちゃんだったら(ry
(アイスダンスFD)
東野さん、お綺麗(^_^)
そしてガラガラになる客席…。
オリビエおるー
放送席もスタンバイ。第2Gから放送?解説、河合さんかな?
小洋ちゃんたち、表現いいし、踊れるし、スピンも綺麗だし、リフトはほんっといいんだけど、どうして滑りが綺麗にならないかなーむー。
マエカワ組、在メキシコ日系3世で来日は初めてだそう。女の子が大きい。男の子より背が高い?
ナゴリュニュク&コヴァレンコ、女性がタシュケント出身とか、滾る!素敵なフラメンコ。リフトがかっこいい。男性がツイズルでミスった。
オイ&水谷、こちらもフラメンコ。曲の繋ぎが不思議。やはりこちらも男性にツイズルで転倒するミス。
オブライエン&メリマン、小じゃれた道化師プロ。カメ先生がみてるのか。
オーフォード&ウィリアムズ、もうウォームアップの時から滑りの良さがずば抜けてた。演技も素晴らしい。カナダ・ダンス、どんだけ層が厚いんだ。これで四番手でしょう?ラルヒルも頑張れ。
リード組、クリスがぎゅるぎゅるスケートが滑るようになってて、びっくりした。若干キャシーが付いていけてない感じで転んじゃったのもそのせい?でもこのビートルズは良いものだよね。選曲もいいし。何だかワールドが楽しみになって来た。
平井&デラアスンシオン組、リンクサイドのオリビエにスケオタの視線集中。さすがザズイ先生に教わってるだけに滑りが超綺麗。でも男性がツイズルをミス。そんなとこまで先生を見習わなくていいからw
てか自分マリオンにやられたかも。えみちゃんによしよしされてるのも含めてw帰ったら全日本の録画を観なくては!今度の全日本とか彼ら目当てで観戦に行っちゃいたい勢いw
メリチャリ、いつもの勢いのある演技。正直、そろそろ違う傾向のが見たい。
テッサ&スコット、このカルメンはいい状態で見たかったなあ。テッサ、ほんとに足攣っただけならいいけど…。スコットがずっとテッサを説得していたように見えたし、カメラを追い払ったりしてナーバスになってるみたいだったし、テッサの表情もずっと冴えなかった。何か無理してないといいけど。
パイパー&ポール、ポールくんの流麗な滑りがまた観られて、自分幸せだって気づいた!パイパーちゃんを上手にエスコートしてるよね。リフトのミス?にも落ち着いて対応してて、ポールくん、惚れたわー。パイパーちゃんも可愛い(^^)
TLではるみたちのFDの評判がよいのが意外だな。自分、ズエワ、こんなやっつけ仕事しやがってって見てる間中ずっとムカムカしてた。うっすいプロ。点が出るわけない。
マディソン&エヴァン、やっぱりまっちろなお衣装は全く氷に映えないので、何とかした方がいいと思います…。でも、エヴァンの滑りが観られて幸せー超幸せーー。マディソンも素敵だし、堪能したわ。
すいか | レポまとめ(12/13) | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

現地観戦つぶやきまとめ(四大陸選手権in大阪 2/9)

なう! http://t.co/weUswkYW
着席ー。思った以上に見やすい席だー。そしてあったかい。
でも折角キスクラの正面なのに、オペラグラス忘れた残念なアカウントはこちら…orz
(女子SP)
ヨンジュンちゃん、変なアレンジのスワン(^_^;)コンボ頑張りました。
アミーさん、雰囲気があって素敵。ジャンプ残念だったけど(T_T)
メリンタ・ワンさん、転倒あったけど、よく次でセカンド付けました。ステップ素敵かった(^_^)。笑顔が良い。
セガンちゃん、コンボ抜け(>_<)いろいろカナダ女子っぽい。
クリスタル・キエンさん、禁止曲(^_^;)
ハムイさん、ぐんぐん滑るなあ。
マレイさん、ジャンプ以外は素敵でしたよん(^_^)
ケリーさん、ちょっと不思議なタンゴ。
レイナさん、素敵だった!ぎゅんぎゅん滑っていくスケートが気持ちいい。有香さんが見てるのねー。
隣はお姉さんかな?
ハンさん、かっこいいタイタニック。音楽とよくシンクロしたステップがツボった。
ブレンハグイさん、コンボもったいなかったなー。プロもいいのに。
6分間練習、子君ちゃん、3-3いっぱい跳んでるー
アメリー、2Aとコンボは良かったから今日は行けるかなーって思ったけど(T_T)。
でも、アメリーの背筋は、正義!
クリスティーナ、神演技キタ!生で見ると藤森先生が若い頃の静香ちゃん似てるを連発するのが何となく分かるわ。
ケイトリン、密度の高いプロ。転倒があっても点出そう。(そうでもなかった…)
子君ちゃん、セカンド抜けてたよね?あれで明らか気落ちして動きが悪くなったように見えたんだが。
アグネスはー何で2Aで転ぶかぬー
グレーシー、ルッツお手つき以外はおけ。てか3Fの余りの飛距離に変な声でた。
かなこ、フリップがちょっと心配だけど。でも良かった!
あっこおれはこのひほどいきててよかったとおもったひはないぱたり
可欣ちゃんもいい演技で良かった(^_^)
真央ちゃんの3Aは明らかに前跳んでたよりクリーンになってる気がする。
(男子FS)
TC岡部さんなんだー。
ミンソクくん、最初の3Aは綺麗だったんだけどぬー
ケリー兄、聞いたような曲だと思ったら、やっぱりパイレーツ不思議アレンジだったか。
うーんと、エラジくんがこのションボリな流れを断ち切ってくれるとうれしいな。
ジャンプが、決まらんことにはのう、エラジくん…。
ションボリの連鎖が止まらんのう。
6分間練習、一くんもぎゅんぎゅん滑るなあ。
アブザル、ステッピンアウトが1こあった以外は悪くない出来。でもこのプロはアブザルに合わないよ。何とかしてよニコライ。
一くん、疲れちゃったねー。でもクワド決めたし、ギュンギュン滑るスケートとギュルギュルせり上がるジャンプとか好きやー
ビールマンの美しいマルティネスくん、美少年(^_^)。つか男子のシャーロットって初めて見た。
ジュンヒョンくん、ジャンプが安定してた。
カルーザくんの何もかも別格感と来たら!全米に出てた頃から気になってた子だけど、成長したのねー。フィニッシュ後に泣き崩れてたのにはうるっと来た。
ジンソンくん、良かったな!キレのいい演技が魅力的。何より軸が微妙なジャンプを尽く堪える膝のやわこさ。ノブナリ並みや。伸びて来るといいのう。
目の下にこくぶんがおる。こっから地上波?
ミーシャ大人気。とてもチャーミングなチャップリン。良かったです。
ロスくんは公式練習見てたスケ友が腰を押さえているみたいだと言っていて、体調が良くないのではないかと心配。でもまるで何事もなかったかのように後半持ち直していたのは素晴らしいと思った。精神的にものすごくタフだな。
リッキーはウォームアップで派手に転倒してたから心配したけど…。でも全米からよく立て直したと思うよ。
涵くんの仮面見てると、使った部分も被るだけにいかに真央仮面がギシギシ詰め込んだ気違いプロだって分かるわ(^_^;)。神演技観れなくて残念だったけど、銅メダルおめでとー。表彰式の表情見てると、ああ学ぶことがいっぱいあったんだなーって思ったよ。
楠くん見たさにチケ獲ったようなものなので、今ひとつ元気がなくて残念だった(;_;)ワールドの派遣、どうなるかな…。
ゆづは明らかに元気なかったな。体調が悪かった情報があるけど。表彰式ではさっぱりした顔だったので、いろいろ切り替えられたかな。
大ちゃんはジャンプ全壊で、ちょっと国体の時のあっこみたいで心配なんだけど。靴に問題が?
これはむなげが血祭りに上げられる予感。
ケヴィン、おめヽ(;▽;)ノ
ケヴィンはちょっとケヴィンらしくないプロだったけど。でも自分の両隣の人ら泣いてたよ。N杯の時と比べても明らかにスケートが綺麗になってたし、繋ぎ鬼だったし、努力が実って本当に良かった。ワールドの台風の目になったれ!
ケヴィンもぎょーてんに声がゴツい。
すいか | レポまとめ(12/13) | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/64PAGES | << >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH