<< 氷上の王ジョン・カリーDVD コメンタリー | top |

上野の森バレエホリデイ ダンサー・クロストーク メモ

新型コロナ感染症流行のため公演とイベントが中止になってしまった上野の森バレエホリデイが、オンライン上で特別プログラムを配信、その中の企画で、東京バレエ団のプリンシパル上野水香さんと町田くんのクロストークが行われました。走り書きメモを整理がてら投下します。

U:上野さん/M:町田くん

<舞踊と音楽>
M:自分はかつてフィギュアスケーターでアスリートだったが、フィギュアスケートは音楽を使うスポーツ。アスリートのモチベーションとは、対戦競技では行為の動機は他者の動きに対して反応する、記録競技では自然の法則の中でいかに身体パフォーマンスを極限まで発揮するか、フィギュアスケートは音楽に触発されて身体が動いている。バレエも同じだと思うが、フィギュアスケートやバレエにとって音楽とは何か、行為の源である。フィギュアスケーターとしてずっとフィギュアスケートにとって音楽とは何か考えて来た。当時4分30秒あったFSの演技は50mダッシュと同じくらいの身体強度があり、それを4分30秒続ける。ああもうだめっていう時も音楽があるから限界を超えられる。フィギュアスケーターにとって音楽とは未知なる領域に導いてくれる存在。

<ダンサーにとって音楽とは>
U:音楽あってのバレエ。音楽は源。音楽の力で出来なかったことが出来た。生のオーケストラが出してくれたテンポが乗りやすかったり、音と一体になれた瞬間、このために頑張って来たと思える。パートナーや周りのダンサーの力もあるけど、そこには必ず音楽が存在する。
M:シングルは氷の上に立つと一国一城の主。音楽も録音で聞きなれたテンポだからそれに感応して動けばいい。バレエは生のオーケストラの音楽の息遣い、パートナー、周りのダンサーがいて、音楽を中心にいろいろなクリエイティヴィティと実演が融合している。音楽が実演と創作を繋げていく。脚本家や舞台装飾家も音楽に動機づけられている。
U:町田さんの演技を動画で見たんですけど、見たのは「白鳥の湖」と「ドン・キホーテ」。私たちはオデットとジークフリート、キトリとバジルというように役割があるところを全部一人でやっている。一人の滑りの中からいろいろなドラマが万華鏡のように見えて来た。それが凄い。
M:とてもうれしいです^-^「一国一城の主」のメリットというか限界があって、オデットがいたらなあとかここにこういう舞台装置があったらなあと、グランドバレエの舞台に憧れた。でも一人で何とかしなきゃいけない時、どうしたら存在しないものを存在するように見せるか、どういう演出ができるか、考えた。
U:そう言う人いたなあって思ったら、ジョン・カリー。映画で見て、コメントした。スケートを芸術として人を感動させることに特化して見せている。共通するものを感じた。
M:ジョン・カリーは芸術指向のフィギュアスケートを追求した。「オーケストラじゃないとやだ」っていう頑固者だった。当時男性スケーターは純アスリートだった、跳べりゃあいい回りゃあいいという世界。そういう固定観念を打ち破りたかった。
高岸先生にレッスンを受けているんですけど、バレエとはミクロの世界の音を表現する芸術。フィギュアスケートは音のダイナミズムを表現する。バレエはミクロの世界を顕微鏡でのぞくような細かい音の息遣いを表現するということを高岸先生に伝授され、理解し始めた時に、「白鳥の湖」と「ドン・キホーテ」はそこから作り出せ、バレエの「ミクロまで歌う」とフィギュアスケートのダイナミズムを融合できた。
実はゲルギエフを尊敬している。ゲルギエフはタクトを基本持たない、指一本一本で指揮する。指一本一本が独立した指揮系統。ヴァイオリンの音色を小指が統制しているかのような、いろいろな楽器の周波数を指先で感じて表現している。指先の踊り。上野さんにも、視聴者の方も見て欲しい(カメラ目線)。お勧めは2000年ザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルを指揮した「火の鳥」。指先が音をコントロールしているのか、音に反応して指が動いているのか、多分同時。音を拾う、音に反応する、ミクロの世界を追求する大事さをゲルギエフの指揮から学んだ。時々見返す。バレエにも通じる。指先一つ一つ、軌道がどうか、空気抵抗を感じる、指先で空気を触っているイメージ。
U:何となく感じていたことを言葉にして下さった。
M:空気に触っている、空気抵抗を感じる、競技者だった時は体験出来なかった。空気が水になって、存在する空気に触っている。バレエの繊細さと奥深さに気づき始めた。同時にダイナミズムもある。1分のソロパートでも息がマックス上がって、これだけキツいのか、ダンサーはアスリートだな。上野さんの本でも、音楽性も大事だけど身体の強さも大事と。
U:いろいろな要素が要求される。フィギュアスケートもバレエも技術記録よい踊りを踊るだけではない。感動してもらうために必要なこと、表現の隅々まで要求される。

(長いので畳みます)
<ベジャール振付「ボレロ」>
U:「一国一城の主」と言えば、ボレロ。赤い卓の上で一人で踊る。
M:赤い卓上のダンサー(メロディ)と見る者の心がシンクロする。観客の心もメロディになって高まる。
U:始めは最小限のところを指先で表現して、ここからだんだん全身(の動き)になっていく。
M:メロディとリズムをどれくらい意識していますか。
U:メロディとリズムを分けるよりは、音楽の中のニュアンス、雰囲気、感情を音楽から感じてそれを自分の体に取り入れて表現する。分析はそこにはあに。感じたままを体が出している。時によって変わる。体の状態、人生の状態が出る。ストーリーがない、音楽表現として完璧な作品。あの音楽を視覚として捉えるならあの形がベストである。シンプルであればあるほど演じる人がそのまま出て来る。役割がない。華やかなもの、寂しい、切ない、激しい…日によって感じることが違う。

<ダンサーの個性>
M:それが上野さんの個性なんでしょう。フィギュアスケートは古典がなくてオーダーメイドの振付だが、バレエは既存の作品を演じるから、ダンサーの個性をいかに出すか、コレオグラフィにいかに個性を載せるか。
U:同じ作品を踊っていても変化していく。個性も変化していく。それが醍醐味。質問で頂いたのが「無音」、音符と音符の間(あいだ)の間(ま)、無の時間。それをどう捉えるか、音のないところ、エンドのところで何をするのか、そこに個性が出る。技術やポーズに行く前に何を感じるか、音に対してどう感じているか、自然に流れが変わっていく。間の捉え方。

<1シーズンの変化>
U:スケートはシーズンを通して同じプログラムを演じるけれど変化はありますか?
M:テクニカルの調子に波がある。テクニカルに左右される。限界ギリギリか、限界をちょっと越えたくらいの技を組み込んでいる。技にゆとりが出てる時はこういう解釈で踊ればユニークだし、理想的になるんだろうなと思うけど、次の試合ではジャンプが跳べない、コントロールが効かない、音楽に集中できない、音楽が表現できなくて落ち込む。勝っていても。技術と芸術の隙間で悩んだ。プロになったら、勝負は気にしなくてよくなった、心の赴くままに表現できる。プロになってからの悩みは、自分の表現したいことに技術と体が追い付かなくて落ち込む。音楽性や芸術的な思想を表現するために、肉体を磨き、心を磨き、技術を磨き、調和がとれたところに自分を持って行かなくてはならない。競技者の時は技術が技術がってなってばかりで、1シーズンの中でプログラムを発展させるのは難しい。ソチシーズンの火の鳥はもう一度踊りたいという気持ちがふつふつと沸き起こっている。あれはあれで、心身ともに極限だった時にストラヴィンスキーの音楽が限界を超えさせてくれたと痛切に感じている。

<振付家と音楽>
M:振付家によって音楽の使い方に違いはありますか?
U:同じような曲を使っても全然違う振付になる。ローラン・プティにデューク・エリントンの音楽を振り付けてもらったことがあるが、その前にベジャールのデューク・エリントンを使ったプログラムを映像で見ていて、プティの振付が全く違った。
M:自分が振り付けてもらった振付家も、メロディを取る直感型と、カウントを取り、エンドも裏も取るタイプがいた。
U:町田さんって、ジャンプの着氷の時の音を絶対外さないですよね!凄い!それだけ音楽に対して敏感。
M:自分のモットーは、音楽を視覚化すること。音を目に見える形にするシンフォニック・バレエも音楽を可視化する一つの方法だが、自分は思想、感情が入らないというけない。この音にはこの動きが一番合うと思っても、必然性があるかどうか、ただ音楽を表現しているだけでなく、何のためにこの動きをするのか突き詰めたい。ジャンプの着氷まで細かく計算する。音楽と合うとテクニックも成功しやすい。(U:バレエもそうです)メロディやテンポがテクニックの追求と合うと、うまく決められる。ズレると決まらない。4回転、トリプルアクセルも音楽を合わないと技の精度が下がる。音楽とカチッと合うと精度がよくなる。
U:町田さんの振付が見てみたい。
M:バレエは難しいです!高岸先生の指導を受けることになって、ジャンプやスピンで回ることになれているから、ピルエットや跳躍は余裕だと思ってたら、全然回れない。舐めてた。反省した。ピルエットなんか8回転くらいできるんじゃないのって思ってたのに全然出来ない。遠心力とか運動の仕方が違うんでしょうね。スピンは集中しなくても回れる。ぼけーっとしてても回れる。陸上だと常にバランスとか軸を意識していないとできない。
U:一回コツを掴めば出来るんじゃないか。ジャンプとか高そう。
M:頑張りたいと思います。
U:バレエ団のレッスンにも是非

<今できることとは>
M:今どうやってこの状況を乗り越えようとしていますか?
U:世界中のダンサーがオンラインレッスンをしている。自分も狭いところでも十分にできるようなコンビネーションをインスタに上げている。子どもの時は教室のない日は家で練習していた。今役に立っている。半分のスペースで行ったり来たりするとか。
M:自分も家で音楽かけると動きたくなっちゃう。コップ倒しちゃう。今の時期は自分の創作を見つめ直すチャンスだと思う。気が付かなった自分に気づく。

※放送を4回見て確認しましたが、解釈違いなどがあればご容赦下さい。町田くんの音楽への拘り、アーティティックスポーツと舞踊がいかに音楽を核にして成り立っているのか、よく伝わる対談でした。てかほぼ町田くんが司会でしたね樹の部屋
すいか | 町田樹 | 20:58 | comments(0) | - | - | - |
Comment










08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH