<< またまたどうでもいいことですが | top | スケートアメリカつれづれ その7(アイスダンスSD) >>

中国杯つれづれ その5(エキシビション)

またまた、その1がエキシビションです。
エキシビションばかり好んで見ているつもりはないんですが、まあ、たまたま。

…って、中国杯はシングルのレポは書き終わってたって今気づいた…。タイトル直しました。(11/26)

オープニング、ちびっ子スケーターがハンカチ持って踊ってます。中国絵画の童子を観るようですね。
何かスケーターがバラバラっと入って来ました。ゆる。
ゆづぽん、人気あるなー。

金博洋…中国のJr.っ子。頭重そー。すっげー軽々3Aとか三回転からのコンボとか跳んでる。スピンのポジションも綺麗。結構頑張ってMJとか踊ってるし。踊るの好きって感じだな。スピンはほんっと上手いよ。

冰娃ちゃん…ちょっとジャンプで転倒があったけど、軽やかで可愛いプログラム。しいってやるとことかデラ可愛い。

しかし、私語が酷いなあ、上海…。

のぶりん…“I Can See Clear Now”。抒情的なプログラム。結構似合う。端正なポジションのイーグルやイナバウアーも良い。ジャンプの調子もよさげだたのにね…(;_;)。

アマンダ&マーク…おお「ポカホンタス」。これ好きー。二人ともアニメから抜け出してきたかのようだし、歌もスケールのある伸びやかな二人のスケートによく合ってる。

クリスティーナ…「アルゼンチンよ、泣かないで」。お衣装、アジアっぽい模様のチュニック。オリエンタルな曲で滑るのかと思いきや「エビータ」。でも、綺麗なスピンとレイバックイナバウアー。つなぎみたいに跳んじゃうループ?も綺麗。

ペルネル&ロイド…「こんばんは、お嬢さん」って意味のイタリア語のタイトルの歌だ。ベンチ使った小芝居から。まだまだロイドくんがペルネルさんに振り回されてる感が否めないけど。ひょっとしてそれが持ち味になってきちゃうのかしらん。頑張れ、ロイドくん、藤森美恵子先生も応援しているゾ。ペルネルさんは楽しそうだよなあ。のびのびしてる。

クリスティン&ディラン…カナダらしいメロウでロマンティックなプログラム。この組はペアらしいダイナミックさがあるのがいい。リフト失敗したった。

アデリナ…「ラ・クンパルシータ」。ロシアンはラテンやるの好きだよねー。競技の方は表現が難しいプログラムばかりだけど、こういう表現しやすい曲だと、ジュニアっぽくない雰囲気作りが出来るというのがよく分かるな。そっか、リーザはSPLP両方表現しやすい音楽だよね。下半身の柔軟性がただ事じゃないです。

ペニー&ニコラス…流れの綺麗なプログラム。非ロシアなヨーロッパの正統を継いでくれそうな感じの組。先生、プラトフだし、カーず無き後期待したい。唾つけとこー。

未来ちゃん…“Fierfly”。お、これは好きなプロだ。この衣装になると絞り切れてないのもわかるけど、本当に女性らしい体型になったなあ、と。女性らしい、柔らかなラインが表現できるようになるのでは。

丹ちゃん&昊くん…“Here I am”。頑張ってしっとりするプロだな!でも、昊くんはだいぶ頑張らなくてもしっとりできるんだがな。まあ、丹ちゃんは体のラインは綺麗なので、綺麗なお人形だと思えばって、頑張れ丹ちゃん。手足が棒みたいなんだもんなー。ポーカーフェイスだしー。うお、たっかい3Tw。

私の楠くん…って誰のや。「サラバンド」。きゃー素敵ーおばちゃん涙目ー。EB杯、もっとやる気出しときゃよかったわー。録画で一生懸命応援するわー。楠くんの強みは上半身をしっかり使えるところよねえ。演技がダイナミックになる。ところで、腰の赤いハンカチの意味は…。

ガチくん…寒い演技?お、雨止んだぞ?な小芝居から。上着脱いできゃーきゃー言われてる。上着使って謎の演技。闘牛士?牛?クリムキンイーグル披露して喜ばれてます。急に音楽がアップテンポになってガリガリ氷削ってステップ。ポーカーフェイスで客席煽ってみる。何だ、このプロは。
ああでも、こんな変なプログラムを、鉄面皮のままで一生懸命演技するガチくんが好きよー。お客さん喜んでるみたいだし、いいんじゃないかしら。

文静ちゃん&聰くん…「テラコッタ・ウォリア」。出た兵馬俑。カナダよりももこもこしてる兵馬俑。文静ちゃんがピンだと普通に美しい中国の踊り子なんだが…。たっかい3Tw。このパーカッションだけで踏むステップは好きだなや。二人ともあの映画見てるのかな。結構雰囲気出してると思う、映画の。

可欣ちゃん…「アメイジング・グレイス」。まだまだ頑張ってしっとりする修行をせねば。ポテンシャルは高いし、根性ありそうだし。

シントンちゃん&シュンくん…シュンくん、かっこよくなったなー。華流メロドラマ系プログラムですね。いや見たことはないですが。結構好きですよー、こういうの。

ゆづぽん…腹出まくっとるがな。ビールマンを上から撮るんじゃない。今さらだけど、ねーねー僕を見てアピールは半端ないなあ。こういう踊りまくりプロだと余計感じるわ。

はるみ&ひでお…“The Prayer”。はるみはほんに大人っぽくなった。お兄ちゃんドキドキしやせんか。クロスするMiStが綺麗。天井カメラ禁止!滑らかで流れが綺麗で清潔感があるってのも一つの持ち味なんだから、ほっとけって感じだよねーもー。

ぼくたちのカロリーナ…「カルメン」。ジャンプはパンクがちだったけど、素敵なカルメン。途中で扇子を取り出す演出が素敵。

ボブロワ&ソロヴィエフ…あ、男性がコケた。上手くなって素敵になったのは分かるけど、どういった方向で彼ららしさを出していくのかしらねえ。

アボット…“Home Town Glory”。モダンバレエっぽいお衣装。背中がぴかぴかしてるのは何だ。いやもう何踊らせても素敵。歌声を氷の上に落としていくようなステップにうっとり。ジャンプはダメダメだったけど。

悠子&サーシャ…「黒い瞳」。悠子ちゃんは一体何の扮装なんだろうなあ。昭和の踊り子さんのようだ。そして、やっぱり袖からトランプ。うむ、だが帝政ロシアの退廃の香り。ソ連時代には到底演じられなかったであろう。

一瞬真っ暗になったかと思うとフィナーレ。女子ズのスピン競演。アイスダンサーずはRoLi。シブタニ家、速っ。男子ズは…クワド競争とかやるなよーと思ったら、やったー。のぶりんおっとっと。ペアはパートナーを交換して、文静ちゃんたちとアマンダたちがパートナー交換でDS。仲良しでいい感じ。丹ちゃんたちは、クリスティンたちとTLi。結構リフトって上がるもんだなー、パートナー違っても。きゃーカロちゃんとアボが手をつないで出てきたわ!ジャンプとスピン競演。素敵ー。悠子ちゃんたちは、アクロバティックなジャイアントスウィングを披露。
何かペアの人たちが遊んでます。昊くんとディランがペアスピンって、萌えてまうやろーって、え。それから、アマンダたちとクリスティンたちがWDSとか。
映像には残ってないけど、ゆづが例によってつか国際大会のエキシでやめなさいってゆーかなクワド合戦があって楠くんが付き合ってくれてありがとーだったんだよね?
すいか | グランプリシリーズ(11/12) | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH