<< スケートカナダつれづれ その4(女子FS) | top | 中国杯つれづれ その1(男子SP) >>

約束の地



あっこちゃんのブログによると、今回スケートカナダが行われたミシサガのハーシーセンターが、前回スケカナを実施したのは、2003年ということです。そして、2003年のスケートカナダと言えば、あっこちゃんがGPSのシニアデビューとなるはずだった、でも辞退せざるを得なかった試合。

あれから8年。
8年かかって、あっこちゃんは健康を取り戻して、GPSの初参戦を東京で果たして、バンクーバーでオリンピックの舞台に立って、そうして漸くハーシーセンターにたどり着いたのですね。
そのハーシーセンターのリンクの上で見せた、過酷な運命を乗り越えて、軽やかに踊るあっこちゃんの姿は、人の持つ強さと美しさそのものがしなやかに舞っているようで。

その間、ずっとあっこちゃんを支えてきた長久保先生、感無量だったろうなあ。面と向かってお礼を言うのは恥ずかしいっていうあっこちゃんがカワユス。

それから、昨季の不調についてのコメントをあちこちで見かけましたけども。
確かに五輪後は、見ているだけの私もかなり燃え尽き気味だったので、五輪で悔いのない演技が出来たと思う選手は、モチベーションが上がらないのも当然でしょう。
GPSは決して悪い成績ではなかった(2戦とも表彰台に上がってる)けども、なんとなく本人の表情が冴えない、演技にもいまひとつ伸びやかさがない、全日本では急にジャンプの調子が悪くなって…とは思ってはいたんですけども、そこまで苦しんでいたとは、全然気づかなくって、ああファンなんていい加減なものだなあ…と、ややションボリしてます。

でも、今季は、ショーでは本当に楽しそうだったし、やや不調で心配だったジャンプも、競技ではさほど悪くないし、3-3を決めるという大きな目標(しーちゃんが教えてくれたの?しーちゃんが教えてくれたのー?)があるって張り切ってるし、何よりのびのびとダンスをしている様子がちょっと一昨年のWSSを思い起こさせる感じで縁起がいいし、結構いけそうかもーってほくそえんでるところです。
あの年と同じように、全日本で素敵な「こうもり」が踊れるといいね!
すいか | グランプリシリーズ(11/12) | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH