<< いろいろ集めてみた | top | スケートアメリカつれづれ その5(ペアSP) >>

カーニバルオンアイス

ショーって、場内が暗くなるので、メモが取りにくいのね。
後で自分で見てもさっぱり判読できない文字が無秩序にメモ帳のページ全体に散らばってたりするの。
だから、BS-J放送見たら、いろいろ追加することがきっとあると思うのね。

とりあえず掻い摘んだ感想をば。

11/7にBS放送鑑賞後、追記。
じゅんじゅんの存在意義がよくわからん。板垣アナという人はなかなか感性がいい。ツボをしっかりついたコメントをしてくる。

オープニング:“Party Rock Anthem”…みきちーカワユス。静香様はどピンクのてーしゃつ。あっこちーがぴょこぴょこ踊ってるのが可愛い。アリッサのスピン。前半に滑る人は早くはけたのか。つるつるスケーター競演の2A。空中の姿勢は一番こづが綺麗かな。着氷後の流れはジェフ。何回も見たったー。USpも全員見える画面で見たかったー。


<第1部>

庄司理沙:「ザ・ハチャ・チャチャ」…ちょっとジャンプがしょんぼり。しっかし踊れるっぷりは半端ない。引き続き見守りたい。よく音が拾えてる。曲想も捉えてる。え?2A-3T?ルッツが抜けた。イーグルから2A。着氷が柔らかいな。ビールマンも綺麗。楽しそうなSlSt。ほんっとよく踊れる。構成から推すにSPかしら。てか、現地で観た時よりずっと印象いいんですけど。現地では余りリンクを使えてなかった気がするから、伝わらなかったのかな。

ゆづ:「ロミオ+ジュリエット」…うわ、4Tの転倒、痛そう。こけたというより落ちたって感じ。2コ目の3Aの転倒も股割りって感じで痛そう。でも他のジャンプは綺麗。あ、3Sステッピンアウト。スケーティングは、理沙ちゃんより1段上って感じなのはさすがです。4Tと2コ目の3Aで転倒。ChStは、何度見ても心が揺すぶられる。今のゆづにしか出来ない演技かもしれない。

(理沙ちゃんとゆづのインタ、理沙ちゃん、大人っぽいな。ほんとに15才?)

リーザ:「アディオス・ノニーノ」…これは、すっごく良かった!!JOに引き続き、新潟のいろいろションボリっぷりは何だったんだって感じ。タンゴな振り付けのCiStがパネかった。恐ろしあ小娘、ぱねェッス。こうして見ると、よく音を拾ってる。ジャンプの着氷後に腕の動きで音楽を表現するのとかって、難しいよね。CiStのタンゴの表現とか、スケカナよりも良い気がするな。

本田武史:葉加瀬太郎「エトピリカ」…腹回りが目立たない衣装(コラ)。なかなかよくスケートが滑ってて、よかったと思います。イーグルーーーーーー。映像で見ると傾き具合が足らない気が…。ただ、この曲結構単調だよね。主旋律を表現したステップが素敵。手足の動きが柔らかいし、音楽によく同調してる。

アリッサ:Nouvelle Vague“Dancing with Myself”…独特の柔らかさと品のいいコケティッシュさが素敵。投げキッス(失神)。3Lo、綺麗ー。何て美しいY字。背中で手を組んでる(気絶)。黒いバラの蕾のビールマン。横座りしておすまし(萌死)。

高橋成美&マーヴィン・トラン:「イマジン」…ソロのジャンプもスローも転倒、ツイストもよっかかっちゃうなど、やっぱりシーズン初めモードだったけども、ステップは素敵だったし、入り方に工夫のあるデススパイラルが良かったよ。ジャンプのイクジッドてももたついてるな。でも、このSlStは本当に素敵。くるんと成美ちゃんが一回転してから入るDS。いや、実に美しいプログラム!スケカナが早く見たいのう。

あっこちー:「ハンガリアン・ラプソディ」…完璧!ほんっとあっこちゃんの可愛いところが存分に出ている。昼夜共にオレの嫁の日だったな!!アンジェリカさんは、あっこちゃんの「パワフル&スピーディ」なところをイメージしたそうなんですが、いや十分軽やかで可愛らしいVery Akkoが満載だたお?オレの嫁でらカワユス。パタリ(萌死)。

ガチくん:「セントルイスブルース」…新潟FaOIの楽でやったやつ。頑張っていろいろやってるステップは現地より映像で観た方が面白いな。コミカルな動きを真顔で頑張るのが、ガチくんの魅力?そうか!そこが萌えポイントか!って、そこなのか。

ぎゃん!リード家のレポがまるっと抜けてる…。

リード家:ラテンダンス…今季のSDですね。キャシーが色っぽいっス。途中から変わる曲、知ってる曲なんだけどーって現地でえらい悩んだ記憶があるけど、マイアミサウンドマシーンだった。「コンガ」。


しー:ケルティック・ウーマン「ネッラ・ファンタジア」。のびやかで気持ちのいい滑り。途中でスカート取るの忘れちゃったそうです。あらー。アンコールは「あなたがいるから」。世界は静香様の足元にひれ伏すのです(ってメモに書いてあった)

でー:“The Crisis”…表現者としての高橋大輔の凄いところは、内心に秘めた激情を表現しきることができること。こういう静かな音楽ほどその力が発揮できる。何でツイッターではあんな子になってしまうのか、世界の七不思議ですね。何か物語を感じるわ。愛の始まりと終わり、別れのフィニッシュ。アンコールは、もはやお約束のマンボステップ。盛り上がるわー。

<第2部>

サラ・マイヤー:クリスティーナ・アギレラ“Not Myself Tonight”…CaOIには出てきてくれましたー。髪切ったと聞いてましたが、洗練された感じでよろしいかと。ちょっとふっくらしたかな。トウが一回転になって、2Aがステッピンアウト。でも、音楽表現が凄くいい。ただ踊ってるだけじゃなくてよく音を拾ってる。フェンス際でジェフを逆ナン?のびのびと踊ってて、気持ち良かったです。肩にもふもふをつけて出てきて、途中で外して腰に付けて、リンク際でその気にさせといてジェフに投げつけとる。

ジェフくん:ダフト・パンク“Harder,Better,Faster,Stronger”…これ、PVが松本零士キャラデザインだった曲では…。テクノ系のテケテケした音をいちいち拾いまくっているのを見るのも、結構気持ちいいってわかったですが、やっぱり、バラードやってぐーっとイーグルーーーーして欲しかったのう。いやでも、凄い細かく拾ってる。そして、一瞬たりとも同じ動きが続かない。常に変化をつけて動いてる。やっぱこの人の音楽表現に勝る人はいないわ。

アリョーナ:メロディ・ガルドー“Your Heart is as Black as Night”…胸元がけしからん。ほんに大人っぽくて、いい女になったのー。指先の表現が素敵になった。

フローラン:“Summertime”〜レイ・チャールズ“Mess Around”…今季のSPということです。つか4T行ってるよ。3Aとルッツは抜けたけど。体力は使うよなー、このCiSt。「メス・アラウンド」だけじゃなくて、「サマータイム」にもヴォーカルを入れればいいのに。

ジョアニー:クリスティーナ・アギレラ「バーレスク」より最初はステッキを持って小粋に。あっこちゃんがSPだったのは、事前に相談があったのかしら。でも素敵!!躍動する筋肉!「バーレスク」の世界には、ジョアニーの方が合ってるかも。実に華やか!ほんとにクラブのステージのパフォーマンスを見るよう。

こづ:ニック・ドレイク「チェロソング」…どこか宗教的な雰囲気も漂う静かな曲で、こづのスケーティングによく合っているけれども。もっとメロディアスなナンバーの方が、本人の演技力の向上に役立つような気がします!キリッ(上から目線…)この曲も、足元は音楽とシンクロしまくっているので、上体がそれについていけるようになると、もっと素晴らしくなるのでは。腕の表現がかなり柔らかくなったな。でも、やっぱり音楽自体は淡々とし過ぎちゃってる気はする。昨季の「フリー・フォールン」みたいに若さゆえの葛藤とか青春の痛みを感じさせるようなプログラムが見たい。
アンコールは「インナーアージ」。このステップの足元は極めて気持ちがいいです。

アリオナ・サフチェンコ&ロビン・ショルコビー:「天使と悪魔」…今季のSP。アリオナが天使でロビンが悪魔って、芸がなさすぎないか。むーん、正直山なりスロー(2Aだし)もツイストリフトも(2Tw?って思ったくらいって、2Twじゃん!誰が3って言ったんだ)高さがないし、ソロジャンプは二人とも微妙だったし、こちらもシーズン初めモード。この程度じゃないわよねえ。DSのロビンのポジションがさりげに面白いな。フィニッシュはアリオナ天使がロビン悪魔をやっつけた。
でも、原発アレルギーが殊に酷いドイツから、日本に来て下さったことには深く感謝。そう言えばアリオナはウクライナ出身だ。初披露を日本に捧げると言うてはったそうです。ありがたい。

パトリック:マイケル・ブーブレ「ムーンダンス」…モッププロ。軽ーく流す感じですが、二蹴りか三蹴りくらいですーーーーとリンクを回っちゃう感じはさすがですが。いやでも、気持ちいいスケート。一応ストーリー仕立てだったのね。気が付かなかったわ。ジャンプは結構シェイキーだったのね。気が付かなかったわ。が。
アンコールの「テイクファイヴ」のCiStにやられた!!!!何だこの感動的なまでなスケートの快楽は
!!!これを生で観られただけで、もう明日死んでもいいつか死ぬ前にもう一度見たいカナダ行くか自分。

みきちー:「ブラックスワン」…正直振り付け自体は目新しさがないというかモロゾフ…orzなプログラムなんだけど、逆にそれが余計に美姫ちゃんの想いをダイレクトに伝えるものになっているな、と思いました。行き先を見失って、迷い苦闘する魂そのものがそこにいたように思えます。素晴らしいよ、安藤美姫。
クライマックスのSlStは凄まじいな。闇の中でもがき苦しむ黒鳥がそこで舞っていたよ。
そして、アンコールの「千の風になって」。ブラックスワンな拵え(って言うのか)が気にならないくらい、圧倒的な美姫ちゃんの想い。おばちゃん感動してだだ泣きだたよ。じっくり考えて、美姫ちゃんが一番行きたいと思う道を進めばいいと思うよ!!!

フィナーレ:「君に読む物語」…被災地に捧げるプログラム。日本人スケーターが中心で輪を作ってます。ゆっくりとばらけて、男女に分かれてそれぞれジャンプ。その後外国人スケーターがリレー式に登場。ジェフのイーーーーグル。現地では、ジェフとパトリックのスケート滑らかコラボが涙が出るほど感動的だったんだが。二人一緒の画面にならなかった。残念。カップル競技のスケーターたちがリフトを披露。そして、しー様のイナバウアーを先頭に全スケーターがゆっくりと輪を作り、その輪の中心でアリッサの薔薇の蕾のビールマンスピン。アリッサが輪に入るとまたゆっくりと解けていって、横一列に並んで手を取り合う。大ちゃんもあっこちゃんも美姫ちゃんもいー笑顔!
こんな素敵なフィナーレは、初めて。
フリータイムは、ジェフのスピンから。上手いなー。ゆづぽんの恒例のクワドチャレンジは決まらず。でーしーぱとこづで行列スパイラルとイーグル。大ちゃんのイーグルに会場盛り上がりました。成美ちゃんだちがスローの3Lz。あー失敗!あっこちーとみきちーのスピン合戦。オレめっちゃ幸せ。あっこちーの両腕を広げるキャメルは美しいのー。ガチ、3A失敗。フローランは綺麗な3A。アリッサとマーヴィンがいもむし〜。あたしもーって出てきて一緒に始める成美の可愛らしさはもはや犯罪的。ゆづ、もう一回クワドチャレンジしてFall。アリオナたちが山なりスローで貫禄を見せます。アリョーナ&リーザの姉妹スピン。カワユス。リード家。でーさんは雑談モード。ガチもクワド転倒。ゆづでーぱとこづでクワドチャレンジ。パト成功!でー両足。こづステッピンアウト。ゆづオーバーターン。ペアずのスロー競演。成美はステッピンアウト。いやーたっぷり見せてくれました。ここまでフィナーレを見せてくれることってないよねー。ありがとう、BSジャパン。

CaOI、一人一人のスケーターの演技はもちろん、ショーとしても素敵だなって思えたのは初めてかもです。とてもいいショーでした!

場内アナがいろいろ変だった。サラちゃんを「はつらつとした演技」、フローランを「爽やか」って、本人見たことがある人なら、まず頭に浮かばない感想。もしかして、てきとー?
すいか | アイスショー(11/12) | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH