<< 大丈夫なのでしょうか | top | 世界選手権 アイスダンスCD >>

世界選手権 ペアFS

先日NHKのサンデー・スポーツで、ダイスケと佳菜子ちゃんの特集をやっていて、武史がゲスト解説してました。
キャスターの与田さんと怪我の大変さをしみじみ語り合っているところが、何かぐっと来ちゃった。

武史が教えてくれたから、こづはクワドの跳べる確率が70〜80%くらいになったそうです。ほんとだな!本気にしていいんだな!
日テレでやってたまおみき特集の合間に「THE ICE」でのこづの新SPが流れてましたが、なかなかいいですなー。
こづの場合、滑り込めばよくなりそうってシーズン初めに思ってたら、本当によくなりますけんのう。

佳菜子ちゃんは、真央ちゃんとヨナちゃんのいいところを合わせた選手になりたいそうです。つか、それほぼ完璧だから。

前置きが長くなりましたが、今更世選、ペアFS。
解説は杉爺、実況は千鶴さん。
ヴァネッサ・ジェームズ&ヤニック・ボニュール(FRA):映画「ロミオとジュリエット」(サントラ)…杉爺、FSの方がいいかも、と。女性が天を仰ぎ、男性が俯いて跪くポジションから。ロマンティックなダンスリフト。ソロの3S-2S-SEQ。3LzTw、胸が合っちゃった。ALi、綺麗ですね。スローの3S、ばちぐー。2A、男性がステッピンアウト。入り方が面白いFiDS。繊細な演技もなかなか素敵。SLi、イグジットに工夫があります。スローの3Fはクリアー。FCCoSp。PCoSp。二人して頭を抱える小芝居からSlSt、ダイナミックな音楽によく乗っています。途中でちょっとスピードダウンしたか。Li。膝の上に崩れ折れた女性を男性が支えてフィニッシュ。男性が小さくガッツポーズ。
いい演技でした!この辺の順位の組としては、演技のクオリティが段違い。何でこの組で滑ってるのって感じ。
54.68 40.56 95.24 SB 139.34 SB

ステイシー・ケンプ&デヴィッド・キング(GBR):“Requiem for the Tower”…ISUのバイオの曲が、もう今季のに更新されてた…。早っ。
2LzTw。2F、SPのレポにも書きましたけど、ステイシーって、すっげえ巻き足…。イーグルから、スローの3Lo、ゆかりんも真っ青なくらい巻いてる…。イーグルからALi。FCCoSp、うーん微妙。ステイシーがトラベリングしちゃてるし。イーグルからワンハンドのLi、軽々〜。デヴィッド、力持ちになったなー。スローの3T。FCoSp。SlSt、スピードがないなあ。お疲れ?2F-2T-SEQ、何かぐだぐだですが。TLi。FiDS。曲が余っちゃいましたか、ゆっくりとポーズを取ってフィニッシュ。
49.47 37.52 86.99 SB 134.73 SB

張悦&王磊(CHN):レオ・ドリーブ「コッペリア」…ソロの3T-2T、悦ちゃんがちょっと詰まっちゃった。スローの3Loはおけ。2LzTw。TLi、リフトの上げ下ろしがスムーズじゃないみたい。ソロの2Aで悦ちゃんが転倒、磊くんもすっぽ抜けた。FCCoSpに入る時に悦ちゃんが転んじゃって、スピンが回れず。SlSt。BiDS。ALi、うーん、スムーズに上がらない。下り方も微妙。スローの3S。Li、下りた時に両足に。PCoSp。何とかフィニッシュ。
うっわー。ありえないミスを連発。初めての世選で緊張しちゃったのかしら。二人とも全体的に元気のない感じ。
しょんぼりなキスクラ。杉爺は「来年はびっくりするほどよくなってるかも」って一生懸命フォロー。フォローしたくなるような愛くるしい二人やけんねー。
38.64 35.92 -2.00 72.56 119.24
まだまだこれからの二人!めげずに頑張れ!

メイリン・ハウシュ&ダニエル・ヴェンデ(GER):ヴァンゲリス 映画「アレキサンダー」(サントラ)…凄いお衣装なんですが。あー「アレキサンダー」デスカ…。
2LzTw、胸が合っちゃった。スローの3S、お手付き。スピードはあります。ソロの2T-2T。スローの2A、何とか。キスをする演技。女性の役は何?ロクサネ(妻)?…オリンピュアス(母)だったりして。イーグルからALi、上げ方が微妙。ソロの2S。ダンスリフトからLi、これは綺麗。ひと休みしてからたらーっ、曲が変わるのを待ってたらーっ、SlSt。ユニゾンがバラバラした感じですが、そういう振り付け?SLi。FiDS。PCoSpでフィニッシュ。
ミスがあったので、男性は首を竦めて、女性をいたわってます。PGが間延びしていると杉爺。まさしく。SlStの前に休んじゃったのは、曲が余っちゃったからだと思いますが。
41.94 37.44 79.38 125.96
ドイツペアは一番手とその次の差が大きいなあ…。韓国女子とかスイス男子とか
ちなみに、この組、ISUのバイオによると、二人とも趣味が「友だちを作ること」だそうですよ。…それって趣味なんですかね?

アナイス・モーランド&アントワーヌ・ドローサ(SUI):エンニオ・モリコーネ 映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」(サントラ)…おおっ、イケメン、アントワーヌくんっラブラブ
ALi、綺麗です。スローの3Lo、両足。2LzTw。ソロの2A-2Lo-SEQ、男性がぐだぐだ。つか、女性の方が上手い?FiDS、やっぱり男性の腰が高いかな。スローの2Lz、男性の投げ方が明らかにまずくて、すっぽ抜け。Li。SLi。FCCoSp、ちょっと間離れすぎでは?男性の動きがぴりっとしないと杉爺。明るい曲調でSlSt、弾けてる感が足りないなー。ソロの2F。PCoSp。フィニッシュ。
SPは丁寧にこなしたが、FSはまだまだ厳しいと杉爺。確かにそんな感じ。
おや、サラちゃんのコーチが、インゴと一緒にキスクラにいますが。アントワーヌくん、かばええなラブラブラブラブ
44.88 38.08 82.96 SB 131.46 SB

ミレーヌ・ブロデュール&ジョン・マッタタール(CAN):ジョン・ウィリアムズ 映画「風と共に去りぬ」(サントラ)…「タラのテーマ」に乗った、冒頭のALiは本当に素晴らしい。これで一気にお客さんの心を掴んでます。ソロの3T、キューピ(以下略)がお手付き。2FTw。スローの3Lo、盛大にお手付き。FCCoSp、ぴったり!繋ぎのドラマティックな演技が素敵。PCoSp。Li。ソロの2A-2T、キューピ(以下略)が転倒。会場から悲鳴。美しい流れのSlSt。やーもー段ちですね。目から汗が出できます。スローの3Sは、ばちぐー。SLi。FiDS。フィニッシュ。スタオベ出てますよ。
うーん、素敵な演技で、お客さんのハートもがっちりゲットしてたんですけど。ミスが目立ってしまいましたねえ。
杉爺は、キューピ(以下略)のスケーティングが悪い(エッジが使えてない)ので、メロディの美しい曲に合ってないと。だから訴えかけるものがないと。…でも、LAのお客さんたちの心には、ばっちり訴えかけていたように見えたんですけども。
つか、この曲って、メロディの美しさだけでなく、スケールの大きさ、力強さも魅力だから、キューピ(以下略)のパワフルな滑りでも、十分にフィットしてたと思うんですけれども。
点数がなかなか出ないので、キスクラでおどけて見せるキューピ(以下略)。またもLAのお客さんのハートをワシヅカミにしてますよ。
56.45 44.16 -1.00 99.61 SB 150.05 やっと、ヴァネッサたちを抜きました。

キオーナ・マクラフリン&ロックニー・ブルベイカー(USA):バーンスタイン「ウェスト・サイド・ストーリー・セレクション」…スピーディに始まります。ダンスリフトから3LzTw。ダンス上手いよなー。ソロの1S、キオーナがすっぽ抜けて、ロック兄がお手付き。Li、ポジションチェンジ。ソロの3T、キオーナが転倒、ロック兄がお手付き。スローの3Sはばちぐー。CCoSp、ユニゾンが合ってないよー。BoDS、キオーナのポジションが面白い。イグジットの後ダンスリフトするのが素敵。TLi。PCoSp。SlSt。スローの1Lo、思いっきりすっぽ抜けた。ALi。フィニッシュ。
うーん、ジャンプが尽くダメでしたねー。他の要素は悪くなかったのに。杉爺は、最初のジャンプの失敗でキオーナが気落ちしちゃったと指摘。ロック兄は頑張ってたから余計際立ったと。好不調の波が大きいのは、本人たちも認めているそうですが、杉爺は、思い切りのいいタイプは、波が出やすいと。なるほろ。
44.88 46.24 -1.00 90.12 143.74
うーん、もっとやれる子たちなんですけどねえ。酷い点数が出てしまいました…。確か、今季からコーチ変えるんだよね?

ケイディ・デニー&ジェレミー・バレット(USA):ハチャトゥリアン「スパルタクス」…さりげに、この年って、「スパルタクス」流行ってた?
3FTw、くるくるっと。ソロの3T。繋ぎのRoLi。スローの3Lz、軸が思いっきり曲がってましたが、難なく着氷。凄ェ。ALi、ポジションチェンジ。ソロの2A-2T-SEQ。2T-2T-SEQ。FiDS。FCCoSp、ユニゾンは微妙。Li、イグジットでくるくるっと回って着氷。スローの3Lo、おけ。SlStは、ちょっとモタモタした印象。SLi。うーんと離れてから近寄って、PCoSpでフィニッシュ。
おお、ノーミスです。会場総立ちです。コーチが泣いてます。初出場なのに、とても落ち着いてました。特に、デニーは、(当時)15才とはとても思えん。
ただ、個人的には、良くも悪くもきちんとした演技って感じで、それ以上に訴えかけてくるものがあったかと言われると。…だから、レナポチのしっとりプロのが見たかったと。
56.82 47.28 104.10 151.84
おお、バレットも、ザンボの運転手さんなんだー。…マーク・ラドヴィクくんは元気じゃろか。

タチアナ・ヴォロソジャー&スタニスラフ・モロゾフ(UKR):ハンス・ジマー 映画「パール・ハーバー」(サントラ)…この入りのポーズって、ひょっとして飛行機?ソロの3T-3T-SEQ、スタさんがステッピンアウト。ソロの2S、タチアナがすっぽ抜け。スローの3Loは、素晴らしい!かっこいい!Li、片手で軽々上げて、片手で余裕で下ろす、怪力スタさん。PCoSp。イーグルからALi、タチアナさんのポジションが素敵。3LzTw、軽々〜。会場もわっと沸きます。スローの3S、おけ。FCCoSp、ユニゾンは何とか。ぐるっと女性を縦に回して、力強くSlSt、スタおじさん、ちょっと疲れてるかな…。でも頑張ってます。TLi、とても綺麗です。FiDS。フィニッシュ。
最初にジャンプのミスを連発しても、気落ちせず、むしろ後半見事に建て直してくるところは、さすがベテランです。これぞペア、という演技でした。
杉爺、スタさんの滑りが良くなったと褒めてます。インゴの御蔭でしょうって。ベテランでも、謙虚に頑張るスタさんに、萌えポッ。キスクラでぶいサインとかしてるのにも、萌えポッポッ
58.47 53.04 111.51 175.61

ジェシカ・デュベ&ブライス・ディヴィソン(CAN):ビゼー「カルメン」…よく踊れてるけど、カルメンって感じじゃないのよねー。ジェシカはカルメンよりミカエラの方が合ってんじゃね?
3LzTw。ソロの2A-2A-SEQ、ジェシカが1コめで両足、2コ目を入れられなかったので、コンビネーションにならず。ALiから、ノーハンドのSLi。スローの3Lzはおけ。ソロの3S、ジェシカがお手付きな上にステッピンアウト。FCCoSp、ユニゾンがぴったりなのはさすが。SLi、ブライスの足運びがぎくしゃくしてると杉爺。情熱的なRoLiは、ジェシカの表情のアップがちょっとエロいです。カルメンって言うには毒気が足りないけど。スローの3Lo。SLiからノーハンド。SlSt、うーん、この組にしてはユニゾンが微妙。ブライスが疲れてきた?BiDS。PCoSp、やはり女性がぐたっとなってフィニッシュ。ホセがカルメンを殺す演技とか入れればいいのに。
57.34 53.68 111.02 172.82

龐清&佟健(CHN):Gotan Project“Tango”〜ロドリーゴ「アランフェス交響曲」〜「ロクサーヌのタンゴ」(映画「ムーラン・ルージュ」サントラ)…入りのポーズを取っていたら、違う音楽が流れてしまうトラブル。清ちゃんは、こういうトラブルに影響を受けやすいと杉爺。ええっムニョムニョ
繋ぎのダンスリフト。2A-1A-SEQ、清ちゃんがセカンドですっぽ抜け。ソロの2T、また清ちゃんがすっぽ抜け。ダンスリフトからLi、ポジションチェンジ。SlSt。FCCoSp、ユニゾンはちょっと乱れちゃった。アランフェスではしっとりと。たっかーい3LzTwで、会場の度肝を抜く。軽くリフトしてから、スローの3S、何とか。スローの3Loはおけ!FiDS。PCoSp。アランフェスに変わった時もそうだったけど、スピンの回転変えるところで曲が変わるのよねん。何でかな。ぐるっと女性を縦に一回転してからTLi。ALi。着氷してフィニッシュ。
清ちゃん、ちょっと首傾げてます。でも、終盤のジャンプが上手くいったからか、笑顔。
確かにGPFと比べると(四大陸はまだ見れてませーんたらーっ)、…くもりでしたが、健兄が風邪っぴきの中、よく頑張ったとオモイマス!!
キスクラで、清ちゃんがパンダのぬいぐるみを抱っこしてます。か、かばええ…ラブラブ
57.44 58.16 115.90 181.08

メーガン・デュハメル&クレイグ・ブンタン(CAN):プッチーニ「トスカ」…ソロの3T-3T-SEQ、クレイグがステッピンアウト。イーグルからALi、上げる時、かなりもたついた。イグジットは綺麗。ソロの3S、クレイグが転倒。2FTw。FiDS。またメーガンの髪に氷のくずがついてます。スローの3Lo、何とか?足ついた?SLi。スローの3Lz、またフリーレッグついちゃった?明らかにクレイグの投げ方が悪いと杉爺。FCCoSp、ユニゾンは何とか。SlSt。よいしょって感じでLi。PCoSpでフィニッシュ。
うーん、調子の悪い時の「女の子が重(以下略)?」って感じの組に戻っちゃった感じ。メーガンが重いんじゃなくて、クレイグが非力ということなのね。
53.93 51.20 -1.00 104.13 165.41

張丹&張昊(CHN):郝維亜「長江協奏曲」…2A-3T、丹ちゃんがお手付き。スローの3S、文句なし。ダンスリフトからの3LzTw。片手で軽々と持ち上げるTLi、ポジションチェンジ。FiDS。繊細なピアノの音色もよく表現できてますよ。3Lo。FCCoSp、ユニゾンはぴったし。ダンスリフトからスローの3Lo、難なく。ソロの2S、丹ちゃんがすっぽ抜けちゃった。つか、丹ちゃんって、巻き足気味?ダンスリフトからLi。もういっちょダンスリフトしてからALi、ポジションチェンジ、綺麗に下ろします。SlSt、かなり上手になったのでは?いや、あくまで当人たち比ですが。PCoSp、丹ちゃんのポジションが面白い。フィニッシュ。
おお、あっという間に終わりましたよ。丹ちゃんのジャンプミスがもったいなかったなあ。このPGで世界取って欲しかったのに…。
昊くんはマッスルをシェイプして、姿勢が良くなったと杉爺。なるほど。
やっぱり、アリョロビを捉えるには、ノーミスでないとキビシイなあ…。
62.58 57.52 -1.00 119.10 186.52

マリア・ムホルトワ&マキシム・トランコフ(RUS):ショスタコーヴィッチ「お嬢様とならず者」…マリアの衣装がシンプルになりましたねえ。キツネ?の襟巻きが無くなった。ヘアはむしろ複雑になってるけど。つか、あんまり「お嬢様」っぽくないですよー。「ならず者」のカップルになっちゃってますけど。
お嬢様がならず者をあしらう小芝居から。3LzTwは見事。ソロの3T-2Tは何とか。ソロの3Sはマリアが詰まっちゃってDG。スローの3Lo、流れが綺麗。BoDS。マキシムのイーグルの萌え度が足りんぶー。スローの3S、お手付き。男性のイーグルからALi。もういっちょ。FCCoSp、ユニゾンはちょっとびみょー。小芝居で繋いでみる。口笛とか吹いてみる。てかSlSt?面白いな。と思ったら、マキシムがかなりよろけた。PCoSp。軽く小芝居してフィニッシュ。マキシムがばっとシャツの前開いてます。わ、胸毛あるんだ。
久々、マリアがぶんむくれてて、マキシムがなだめて挨拶させてます。
杉爺は、ワシリエフ・コーチは、基礎からしっかりやらせる指導法だと。なるほど、基礎がしっかりしている組だと思ってましたが、でも、そろそろこの自爆癖を何とかしないと。
53.97 57.04 111.01 177.89

アリョーナ・サフチェンコ&ロビン・ソルコヴィー(GER):ジョン・ウィリアムズ 映画「シンドラーのリスト」サントラ〜アルビノーニ「アダージョ」…額を寄せ合うポジションから。3T-3T-SEQ、クリアー。スローの3S、無問題。ソロの3S、おけ。FCCoSp、ユニゾンはまあまあ。BoDS。CiStで、ロビンが転倒。珍しいミスですな。イーグルから3LzTw。イーグルからALi、綺麗です。女性が男性の股潜ってからTLi。曲が「アダージョ」に変わって、PCoSp。やっぱり、この曲の繋ぎ方はびみょう…。せめてモダンアレンジじゃなければいいのに…。ダンスリフトからLi。スローの3Sでフィニッシュ。
会場総立ち。ステップでの転倒を忘れさせる、流れの美しい演技でした。
…でも、やっぱあそこでモダンアレンジな「アダージョ」って、テンションがた落ちだと思いますた…。
インゴが無茶苦茶喜んでますよ。
68.10 64.08 -1.00 131.18 203.48 SB 圧勝です。

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ(RUS):レオンカヴァッロ「道化師」…悠子ちゃん、FSもクラシックチュチュなスカートじゃなくなりました。よい傾向です。
詰め寄る男と拒む女の演技から。3T-2T-SEQ、サーシャがお手付き。3LzTw。スローの4S、キター!!豪快に転倒。てか顔打っちゃった?ひー。Ali。Li。悠子ちゃんのポジションが実に独創的。繋ぎで男を翻弄する女の演技。FiDS。ソロの2A。スローの3Lo、何とか。SLi。キャリーリフトで男性が片足、難しいだろうけど、危なっかしくて、見てて余り美しいとは…。FCCoSp、最後ちょっとユニゾンがズレちゃった。惜しい。SlSt、戯れる感じで。不吉なラストに向けてPCoSp。男が女を殺して、フィニッシュ。
ドラマティックで見ごたえがあったと思いますが、杉爺は流れが悪く、スピードもなかったと。サーシャの動きが悪かったと。確かに。SlStとか、悠子ちゃんにばかり目が行く場面がままあった。
悠子ちゃん、ほっぺを抑えてるキスクラ。タマラ・コーチとサーシャが両脇からちゅーの嵐。二人に宝物のように大事にされてますよ。ほのぼのポッ
59.81 58.64 -1.00 117.45 SB 186.39 SB 銅メダル獲得です!

最終結果:
1 無敵(FS1位)
2 銀牌収集家(FS2位)
3 殺されちゃった女優さんと殺しちゃった道化師さん(FS3位)
4 清ちゃん&風邪っぴき(FS4位)
5 ならず者カップル(FS7位)
6 タチアナ&スタさん(FS5位)
7 ジェシカ&ブライス(FS6位)
8 デュハメル文旦(FS8位)
9 ケイディとザンボの運転手さん(FS9位)
10 ミレーヌとキューピ(以下略)(FS10位)
11 キオーナとお兄ちゃん(FS12位)
12 ジェームズ嬢&ボニュール君(FS11位)
13 ケンプ嬢&キングくん(FS13位)
14 モーランド嬢&アントワーヌ君ラブラブ(FS14位)
15 ドイツ二番手(FS15位)

上位陣もミス続出で、しょんぼり大会だったのは否めないというのが正直なところですが。下位陣は、他のカテゴリーと比べても、目も当てられない感が…。
五輪イヤーに向けて、杉爺は、アリョーナたちの首位は固いのでは、ということですが、雪組復帰のニュース以前のコメントですからねー。
丹ちゃんたちも一層バケそうな気がするし。
さて、どうなることやら。
すいか | 選手権大会(08/09) | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH