<< 世界選手権 ペアSP | top | 大丈夫なのでしょうか >>

Dreams on Ice 2009

BSフジ放送版。もちろん、塩抜き副音声。
この放映順って、きっと実際の滑走順とは違うんでしょうねえ…。アンコールは全然なかったのかな。
…と思ったら、現地に行った方のレポを拝見したら、実際の滑走順通りでしたのね。アンコールなしだったのか。進化したなー、BSフジ。
藤澤亮子:レッドネックス「コットン・アイズ・ジョー」…カウボーイのスタイルで。のびのびと、力いっぱい踊ってて、初々しくて可愛らしくて、ジュニア女子ならではの良さ、というのでしょうか。最初のコンビネーション、2A−3T?と一瞬思って、まさかーって2A−2T?ってメモしたら、やっぱりセカンドは3だったようです。うひょー。

村上大介:ジャスティン・ティンバーレイク「セニョリータ」…気のせいか、ちょっとふっくらしたような。心なしか体も重そう…。モロモロしたステップ、高橋と重なる部分が多いだけに、あっさりな足元が余計気になるゾ。

村上佳菜子:映画「ヘア・スプレー」より「ミス・ボルティモア・クラブ」…ピンクのお衣装。すごいなー、ずっと踊ってましたよ。パフォーマンスとしては、全くジュニアっぽさがない。ミュージカルの雰囲気もよく出てた。足元は結構ガリガリだけど。

町田樹:映画「ハッピー・フィート」より…カジュアルなお衣装。前半ゴスペル調、後半はラテンアレンジな「マイウェイ」。表現力は洗練されてるよねー。後半の「マイウェイ」が結構ツボでした。♪ディッディット マーイウェ〜ってとこのイーグルが素敵でした。最終公演で4-3決めたって、ほんとですか。

鈴木真梨:映画「シェルブールの雨傘」より…綺麗な青と黒のお衣装。やっぱり手足、特に腕の表現が綺麗ですよねえ。のびやかな「シェルブール」の音楽によく合ってました。

羽生結弦:「ミッション・インポッシブル」…ハードな音楽で、力強い系のPG。こんなのも出来ますアピール?ビールマンも入れてますけどね。もっと密度を上げていけば、見ごたえのあるPGになるかも。ジャンプの着氷の後の流れがとても綺麗で、ジョニーっぽい。

今井遥:「フェスタ・フラメンコ」…フラメンコだけどピンクのお衣装。頑張ってフラメンコっぽいダンスをしてますが、まだまだ無色透明って感じ。

武田奈也:ビヨンセ「シングル・レディース」…ななちゃんらしいPGですね。ダイナミックで明るくて、ゴージャスで。

高橋成美&マーヴィン・トラン…曲名が出ないけど。スパニッシュな音楽。二人ともなかなかダンスが上手ですよ。特に成美ちゃん。

太田由希奈:モーツァルト「アヴェ・マリア」…白いお衣装。スケーティングの滑らかさが段違い。淀みなく流れてゆくような演技、切ないような情感、綺麗なイーグル、端正なスピン、白鳥が翼を広げるスパイラル。もう、見入ってしまいました。これぞ太田由希奈って感じ。繊細で優雅で、情感に溢れた美しい演技。その佇まいだけで、涙。

中野友加里:サラ・ブライトマン「ハーレム」…水色のアラビアンなお衣装にティアラ。このPGは良いですな!好きだわー。メロディとよくシンクロした腕の動きが実に美しいし、結構色っぽい振り付けとかあるのも素敵だし。意外とアラビアンってゆかりんに合いますなー。てきぱきさと柔らかさが程よい感じになって。

東京シンクロナイズトスケーティングクラブ:「シカゴ」…女の子が女の子をリフトするのが、ええなあ。持ち上げ役と持ち上げられ役ってどうやって決めてるのかな。

鈴木明子:ミシェール・カミロ「カリブ」…おー、待ちかねましたよ。ゴールドのお衣装に黒い手袋。挑発的な表情が素敵。複雑なピアノやサックスの音色に合わせて踊り狂ってます。ステップの足元が凄いし、上体の動きもよく複雑な音を拾ってますよ。とにかく激しく動きっぱなしで、後半ちょっと疲れちゃったかなー。でも、これは良いPGですよ。踊り込めば、神プロになる予感。

無良崇人:「SARA」…cobaさんの曲ですよね?髪型が凄いことになってますが。3Aはお手付き。4Tにも(多分)2回チャレンジしましたが、どっちも失敗。ファッションとか選曲とか、ダイスケ化が進んでいるようにも見えますが、ダイスケより断然さっぱり爽やか風味なのはなぜなんだろう。それがムラくんの持ち味なのか。

キャシー・リード&クリス・リード…最初、キャシーが一人で出てきて、ハードな音楽で踊ります。お尻見えそうな衣装。でも、キレがあってかっこいい。音楽が「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」に変わって、タイツな衣装のクリス登場。ちょっとコミカルな演技。こういうのを照れもなくやってのける辺り、やっぱ中味はアメリケーンなんだな。エキシらしいナンバーでいいんじゃないでしょうか。ダンサーらしいPG。キャシーって男前やねー。

村主章枝:エディット・ピアフ“Padam,Padam”…このPG好きー。黒のセクシーなお衣装で「シカゴ」路線かと思いましたけど、それほど下品になってなくて、程よくアダルトで。小芝居控え目で、ダンスで見せてるのも良い。最後、タバコを吸いながらはけてくとことか、さすがですわ。

トマシュ・ヴェルネル:マイケル・ジャクソン・メドレー…変にタイムリーなPGになってしまいましたな…。でも、ダンス上手いし、ノリノリだし、パフォーマンスとしては、別格。まさにワールドクラス。「ビリー・ジーン」と「バッド」に乗った超絶ステップに釘付けですよ。

ナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ…昨季のFDですね。道化師プロ。良プロですが、ツイズルにキレがなかったなー。オフだから仕方ないけど。

アリョーナ・サフチェンコ&ロビン・ソルコヴィー:「センド・イン・ザ・クラウンズ」…こちらも道化師プロ。ロビンが白塗りメイク。今季のSPかな。とっても素敵!終始静かな音楽で、情感たっぷりに魅せました。さすがとしか言い様が。スローもソロも、アリョーナがジャンプ2回転になっちゃったりしてましたが、まあシーズン前だしねー。とにかくSlStが素敵!交錯する二人の軌跡にドラマが感じられました。

ステファン・ランビエール:ジャック・ブレル“Ne Me Quitte Pas”…今年も来ました、エロい人。黒いシンプルな衣装。何か、すっごくアーティスティックなPGだと思いましたが。静かなのだけど、もの凄く饒舌で。彼の中で表現したいと思う何かがそのまま溢れ出てくるような。こうやって、スケートを通して、自分の内面を表現することが、今、彼の一番やりたいことなんだろうなあ、と思いました。競技復帰の噂もありますけどね。
つか、地上波でカットって、マジデスカ。シネバイイノニ。

織田信成:「オースティン・パワーズ」…昨季のしっとり路線が評判が悪かったもんだから?コミカル路線に戻してきましたか。悪くなかったと思うんだけどね、「トスカ」。

安藤美姫:“Bring in da Noise,Bring in da le Funk”…スポーツ紙で話題になったセクシー衣装。でも、これくらいの露出、米国の女の子とかは、ショーとかエキシとかでふつーにやってるよね?
すっごいハードなPGなんですが。本人も「疲れた」って言ってますがな。パーカッションに乗ったステップがとても気持ち良いですが。個人的には、セクシー路線でない、もう一つのPG、「レクイエム」が気になるなー。

オープニングもフィナーレも、真ん中で踊り狂うエロい人が気になったとです。
すいか | アイスショー(08/09) | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH