町田樹の「第九」を読み解いてみる

町田くんが『KISS&CRY』誌に連載しているコラム「プログラムという宇宙」の第3回「音楽に触発される身体」(『KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち 日本男子2017-2018シーズン総括&2018-2019シーズン展望号』2018年)では、自身の現役最後のFS<第九>が取り上げられています。その中で<第九>のプログラムを作成するに当たって参考にしたという矢羽々崇氏著『「歓喜に寄せて」の物語 シラーとベートーヴェンの『第九』』(現代書館 2007年)を読みました。
そこで感じたこと、考えたことのうち、町田くんのプログラム<第九>と関わるところについて、論文風にまとめてみました。
あくまでもブログ主個人の私見であり、町田くん本人の意図とは無関係であることは、念のためお断りしておきますね。
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
上掲のコラムにおいて、町田氏はプログラムの作成に当たってベートーヴェンが『第九』を「「苦悩を突き抜けて歓喜へ」」という物語を音楽構成の基盤として作曲した”という矢羽々氏の分析をを踏まえて、「第一楽章と第四楽章を慎重に抜粋し、時系列に構成すること」で、交響曲の哲理を損なわずに音源編集が行えると考えたとしている([町田 2018] p.100)。しかし、矢羽々氏によると、ベートーヴェンは第三楽章のアダージョを「個人の内面的な『浄化』」([矢羽々 2007] pp.171-172)と捉えており、従って「ベートーヴェンが『第九』を「絶望」から「浄化」を経て『歓喜』への歩みとして形作ろうとしている」と分析する([矢羽々 2007] p.175)。
町田氏の<第九>において第三楽章が使用されず、その結果「浄化」のプロセスが省かれた形となったのは何故か。あるいは、第一楽章に続く、器楽によって主旋律を奏でる第四楽章の導入部が、第三楽章のアダージョに代わって「浄化」を表すという見方も出来るが、第四楽章の主旋律を奏でているのがこの部分だけである以上、ここはすでに「歓喜」のパートであると捉えるのが自然だろう。
やはり、町田氏は自らの<第九>を構築するにあたって「浄化」のプロセスは不要であると考えたのではないか。「苦悩」の先にこそ、真の「歓喜」がある、町田氏がしばしば座右の銘として挙げている“After the rain”(雨の後にこそ虹はかかる)という言葉とも主旨が合う。
そう捉えると、4T、4T2T、3A3Tと高難度ジャンプが次々と繰り出される第一楽章の「苦悩」のパートに続く、第四楽章導入部に乗った美しいStSqは、苦悩を乗り越えた先にある静かで充実した歓びを表しているように感じられる。
4分30秒というフリープログラムの演技時間に合わせるためにやむなく採らなかったパートも多いだろうが、「敢えて使わなかった」であろう部分に着目すると、興味深い面が見えて来るように思われる。その意味で、一般に<第九>と言うと多くの人が思い浮かべる、第四楽章の合唱による主旋律を使っていないことにも、何らかの意図が見えるのではないだろうか。
矢羽々氏は、「歓喜に寄せて」と『第九』の後世における受容の変遷を追う中で、この詩と曲が持つ危うさを指摘している。読者、聴衆の高揚感を醸成しやすく、一体感を煽りやすいため、常に政治的なデマゴーグに利用されて来たことであり、その行きつく先が、ナチス・ドイツの宣伝工作の一環とされたことであった。
特に、矢羽々氏が問題ありと指摘したのが、まず、シラーの詩句にあり、ベートーヴェンも採用している第二節の中の次の件である。

それができなかった者は、涙を流して、
この仲間うちよりひそやかに去るがいい!

ナチスの事例を引くまでもなく、容易にマイノリティを排除し得るという問題をはらんでいるとされるくだりである。([矢羽々 2007] pp.68-70)
そして、ヴァーグナーが強調し、ナチスが積極的に継承した([矢羽々 2007] pp.248-249、p.271)「勝利を目指して戦う英雄」のイメージに繋がる第四節の次の詩句である。

進め、同胞たちよ、自分たちの道を
歓びつつ、英雄が勝利を目指すように

これらの詩句は、『第九』の合唱では主旋律を以って歌われるので、町田氏の<第九>には採られていない。町田氏はコラムの中で「第一楽章と第二楽章を繊細に抜粋し」([町田 2018] p.98)と述べているが、シラーの意図とは別に排除の論理やファシズムを想起される部分を、敢えて取り去ったということも意味するのではないか。
町田氏の<第九>において使用された合唱部分、第四楽章のコーダで使われている詩句は次の通りである。

抱き合え、幾百万の人びとよ
この口づけを世界中の人へ
同胞たちよ 星の天幕のかなたには
一人のいとしい父が住んでいるにちがいない

歓びよ、美しい神々の火花よ、
楽園エリュジウムの娘よ
(訳は[矢羽々 2007]による)

ここで歌われているのは、あくまでも「歓喜」と「世界中の人々の調和」と「大いなる宇宙への飛翔」であり、それがFSSpから2A、3Fと畳み掛けるジャンプ、渦巻を描くように内側へ巻いていくスパイラルを経てクライマックスの舞い上がる3Lz、CCoSpと循環と上昇の軌跡を描くパフォーマンスと溶け合って、歓喜の祝祭空間を醸成する。
排除の論理とファシズムの負のイメージを振り払い、演技者が表現したかった、本来作品が有する、自由と歓喜と人類の融和を謳い上げた<歓喜に寄せて>が見事に創出されていたのではないか。
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・
もう一つ、矢羽々氏は、現在の日本において年中行事と化した年末の『第九』について、「歴史的な現実や事実の忘却、それらからの解放=自由を求めている」、つまり日本ではこの曲の孕む重い政治性から目を背けるために『第九』を利用していると厳しく論じている。([矢羽々 2003] pp.363-367)
2013年の全日本の時、たまたま「かまいしの第九」を聴いて勇気をもらったことが「第九で滑りたい」と思ったきっかけだと語っていた町田くんにとっては、正直矢羽々氏が日本における年末の『第九』について批判的に論じたことは、ちょっとショックだったんじゃないかなあって思いやったりもするのですけども。
ただ、3.11を経て「かまいしの第九」にはむしろ「震災の悲劇を忘れない」という想いが込められているはずであり、町田くんも敢えて2014年の年末の全日本でこのプログラムを演じ、それを最後に競技の舞台から去ることによって、彼なりに厳しく<第九>と向かい合う姿勢を示したのではないでしょうか。
すいか | 町田樹 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

町田樹の言葉・2

2013年のスケートアメリカで「エデンの東」を見た時、「これは詩だ」という印象を強く受けました。「詩情豊か」というだけではなく、音楽そのものでもなく、演劇でもなく、詩、もっと言えば、文学。それは、コレオグラフィーの一つ一つの形が明快で何らかの意味を帯びているように見える即ち「言葉」であり、無数の意味あるポジション=「言葉」の連続によってプログラムが形作られているからだと考えます。
ソチ・シーズン以後の町田くんのプログラムは、純粋な舞踏である「火の鳥」と「交響曲第九番」以外は、このような「意味のある身体の形」=「言葉」の連なりから成る一連の詩、文学として作られているのではないかと感じてします。(ミルズ先生の振付も、おそらく町田くんとの共同作業で創られていると見てもいいと思うので、町田くん自身の意図が自コレオと変わらない形で反映されていると見てもよいかと)
それが「演劇」ではなく「文学」「詩」なのは、それぞれの身体の形が具象的なパントマイムのようなものではなく、抽象的な心象を表すものだから。
既存のよく知られた物語をベースにしている「エデンの東」と「白夜行」から、ドアノーの写真「パリ市庁舎前のキス」からインスパイアされた物語をサティの有名な旋律に乗せた「ジュ・トゥ・ヴー」を経て、「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」では町田くん自身が創り出した究極の悲恋の詩が綴られる。
そして、競技のルールの縛りから解き放たれ、純粋な表現活動として取り組んだ「継ぐ者」。初見のあたかも深い森の底で人ならぬものが舞っているかのような印象から、純粋な舞踏という先入観から抜けられなかったんですが、ある時、ふっと。公式に明記されている「ベートーヴェンの死に直面したシューベルト」の心象そのものを紡いでいると思い付いた途端、ストンとプログラムの意図が腑に落ちたような感じがしたのです。
だから、「あなたに逢いたくて」で、町田くんが公式で歌詞との「相聞歌」であると明言した時、自分の印象が、「やはり彼が表現してきたことは言葉で詩を紡ぐことなんだ」と肯定された気がして、狂喜しました。
フィギュアスケートのプログラムで、身体表現による「言葉」を積み上げることによる、言ってみれば「文学的表現」を試み、実現させている例などかつて見たことがない、自分が町田くんの演技に惹かれてやまない理由の一つがここにあったかと。
パントマイム的な具象表現を極力削って抽象的な感情を表す身体表現を積み重ねて物語を語るのはバレエの振付ではよく行われていることなのかな。その手法をきっと町田くんはミルズ先生に教わったのかも。それを自分の文学的素養と感性を融合させて、稀有な、そしてこの上なく美しいパフォーマンスを紡いで来たし、これからも紡いでいくのでしょう。

おそらく「エデンの東」も「白夜行」も、表現されているのは物語そのものよりも物語に対する町田くんの感想と言うか想いのようなものなんだろうなあ、と。人間の罪を描いた陰鬱な『白夜行』はもちろん、『エデンの東』もヒューマニズムに貫かれてはいるものの、人間の負の側面を正面から描いた、決して綺麗事だけの物語ではない。それがあれだけの美しいパフォーマンスに昇華されているのは、観る者が町田くんの身体だけではない、精神を通してそれらの物語を受け取っているからなのではないでしょうか。

一方で、生身の町田くん自身が投影されているのは、「ティムシェル」という言葉に託して、自ら夢を叶える道を切り開こうとする姿をも重ねた「エデンの東」ぐらいなのかなあとも。町田くんは自分が語りたい物語や詩を表現するのに自らの身体を依代としている、小説家や詩人がペンと紙を用いるように、と考えます。

PIW横浜、5/3午前の町田くん(低画質ごめんなさい)
すいか | 町田樹 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

火の鳥は翔び立つ

International Figure Skating 2015年4月号に、“Tatsuki Machida:The Firebird Takes Flight”と題した、町田くんの引退についての記事が掲載されました。
その中の、「火の鳥」「エデンの東」「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」「交響曲第9番」の振付を担当されたフィリップ・ミルズさんのインタビューを翻訳してご紹介したいと思います。

樹をアーティストとして成長させた3年間は、とても素晴らしい経験だった。
―フィリップ・ミルズ

 おそらく、日本の国外では、フィリップ・ミルズ―町田のコレオグラファー―よりも、町田の(引退)発表に驚いた者はいないだろう。彼はインターネットでそのニュースを知った。
「他のみんなと同じように、私はインターネットで(町田の引退を)知りました。
「今季は、ファイナルのフリーを除けば、ここまで良いシーズンでした。彼は本当に良い滑りをしていて、シーズンの始め頃に彼がそれは美しく滑るのを見るのは、素晴らしいことだった。だから、そう、私は少し驚いています。
「樹は大学院に進学します。彼は、とても学ぶことを愛していたから、その点については、樹がエネルギーを分散されることなく、全力で学問に取り組むことが出来るようになって、本当に幸せだと思っています。彼のためには幸せを感じているのです。」
 ミルズは3年前、町田が初めて、「火の鳥」のプログラムを振り付けてもらえないかどうか打診して来た時のことを思い出した。
「彼はアシュリー・ワグナーの『ブラックスワン』を見てから、自分にも振り付けて欲しいと言って来たのです。このような力強い男性スケーターを火の鳥に変身させることは、実に挑戦的なことでした。
「彼はバレエダンサーのように練習に取り組もうとしていました。これまで、私はこれほどまでに一生懸命練習に取り組んだ選手を指導したことがありません。彼が私が課したトレーニングに時間をかけて取り組んでいることにとても興奮しました。プログラムを作るのはとても楽しい時間でした。それは実に驚異的で―とても達成感のある仕事でした。
「樹は私がこれまで指導した中で一番の教え子だと思います。ミシェル・クワンも素晴らしい教え子でしたが、樹は彼女よりも素晴らしかった。彼は安穏としていることを潔しとしなかった。その態度を私は高く評価しています。
「樹をアーティストとして成長させた3年間は、実に素晴らしい経験でした。彼は従順に、献身的に、意欲的に、私が課したどんな課題にも取り組んだのです。」
ミルズは、彼と町田がどちらも練習と試合の時に行っていた儀式のことを思い出した。「彼がリンクに出て行く前に、私たちは、同時に胸を二回叩く習わしがありました。樹は全日本で、開始のポーズに入る時にその仕草をしていたのです。私は彼と共にそこにあるように感じて、とても心地よかった。それは偉大な瞬間だった。
「彼の成功を願っています。彼の人柄はとても良く、とても礼儀正しく、思いやりがある。私が、世界が彼がそのパフォーマンスによって私たちにもらたしてくれたものを思い起こすことを望んでやみません。」

 インタビューの中に出て来た「胸を二回叩く」動作について気になったので、録画で確認してみました。
 まず、今季のスケートアメリカのSPで、定位置に付く前に大西先生とミルズ先生の前を通る時に、胸に手を当てる仕草。

 そしてミルズ先生が仰ってた「全日本で、開始のポーズに入る時」の仕草。


 遠く離れた場所にいるミルズ先生への想いを表したものだったんですねえ…。

 町田くんが引退を発表した時、私は会場のビッグハットにいて、その場であの挨拶を聞いていました。正直未だに気持ちの整理がついていない状況です。(ツイッタ―ではいろいろ垂れ流してますがw)
 ただ、ミルズ先生と樹がどれほど強い愛情と信頼で結ばれているか、よく伝わるこのインタビューを、代わりに紹介したいと思います。
すいか | 町田樹 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

町田樹の言葉

町田樹という人は、「言葉」の人だ、と折に触れて思います。
インタビューで語られる彼の「言葉」は、映像媒体でも、文字媒体でも、本当にすうっと頭に入ってくるのが実に心地よくて、言葉に込められた誠意が素直に伝わってくるように思います。
そして、「言葉の人」であるのは、「言葉」そのものを語る場合に限られない。
今季のスケートアメリカでSP「エデンの東」を見た時、氷上に詩が見えると感じ、EX「白夜行」を見た時、生きていくことの「痛み」について「語りかけて」来るように、確かに感じた。
それは、彼が演技を通じて何かを伝えようとした時、それがあたかも言語化されることによって具象化されたものであるかのように見る者に伝わるからなのではないかと。

で。
町田樹の「言葉」と言えば、もはや代名詞のようになっている「語録」ですが、割と早い時期に戦略として意図的に仕掛けていると本人がネタばらししていたので、普通に面白がってたな。
それだけに、ソチ五輪の個人戦SPの後の、「僕、こんなミスしないんですけど…」という「語録」を意識しないままに発した一言はショックの深さが思いやられるようで、それだけに続く逆ヴァレンタイン発言が何とか自らを奮い立たせようとして無理矢理絞り出した感がありありで、もう痛々しいやら健気やら。

で、五輪後、世界選手権生観戦に向けて、ふと思い立って『エデンの東』を読み始めてみました。スタインベックは中学生の時課題図書だった『赤い子馬』がちょっと苦手で、それで敬遠していたんですが、いざ読んでみたら、余りにすらすら読めるのでちょっとびっくりした(笑)。

問題の「ティムシェル」の箇所はこちら。

「…『ティムシェル』という言葉で、これは『してよい』という意味です。人間に選択を与える言葉です。世界中で一番大切な言葉かもしれません。つまり、道は開かれていて、すべては人間しだい、と言っています。…『治むること能ふ』ならどうでしょう。人間しだいです。…いくら弱くても、穢れていても、弟を殺しても、人間には偉大な選択の権利が与えられています。人間は自分の進むべき道を選び、そこを戦い抜いて、勝利できるのですから」J.スタンベック『エデンの東』3 土屋政雄訳 ハヤカワ文庫p.74-75

正直、この件を読んだときは、体が震えるかと思いました。彼はこんなことを考えながら、あのプログラムを滑っていたのかと。かなりやばい精神状態だった。
ファンになった対象と同じ読書をするという体験は実は初めてで、この「彼が感じていたことが手に取るように分かる」感覚はちょっとヤバいと思いましたよ。必死で「これは所詮錯覚」と自分に言い聞かせていました。これ、もし町田くんと同じ年頃だったら、確実に大変な勘違いをしていたと思う。あぶねー。
でも、少なくとも、「自分の進むべき道を選び、そこを戦い抜いて、勝利できる」という言葉をモチベーションとして、彼がこのシーズンを戦っていたことは間違いのないことで、いやー凄いことだな、これは、と思いましたよ。
そんな中、世界選手権を目前にした、フジテレビの直前特集のインタビューで、彼が語った言葉。
初めてのオリンピックで経験したことのない重圧を感じたこと。
それでもメダルまで僅差の成績を上げることが出来た。
だから、
「自分は世界選手権でメダルを取ることが出来る選手だと確信した」
『エデンの東』には、上記の引用箇所よりも後に次のような件があります。

「敗北で終わろうとしていたわしの人生が、すばらしい結末に方向転換したように思えた」(承前p.86)

町田くんの上記の発言を聞いた時、真っ先に頭に浮かんだ言葉です。
図らずもジョニーが指摘していたけど、彼は自分のスケート人生が負け続けだと思っていて、実際にそう口にもしていた。
その彼が、「自分は勝つことができる」とはっきり口にしたわけです。オリンピックという舞台を経験した彼は、自分が本当に勝利への道を選びとることが出来る人間だという確固たる自信を確立したのに違いありません。
この時こそ、彼は本当に「ティムシェル」という言葉の意味を実感したのでしょう。

更に彼は言葉を継ぎます。
「もう紙の目標は必要ない」(自宅のドアに目標を書いた紙を貼っていたのを、オリンピック後にやめたことについて)
「語録は卒業」
町田くんを指導している大西コーチが後で明かしたところによると、彼に自信を持たせるためにコーチが指導したことなんですね、「語録」。
それを「卒業」すると宣言したということは、もはや彼はそれを必要としないだけの強さを身に着けたということなんですよ。
その強さを証明するかのような、世界選手権。
町田が、あの羽生を僅差の戦いにまで追い詰めるとは、ほんの数週間前ですら、誰が予想しただろう。
リンクの上にスタインベックの名作の世界を描き切ったSP。
華麗に力強く火の鳥を舞ったフリー。
もはやそこには、あと一歩で世界の舞台というところで挫折を繰り返しもがいていた少年の面影は固より、初めてのオリンピックという大舞台を前に戸惑い混乱していた姿すらも、どこにもなくて。
自分は、勝利への道を確かに選び取ることが出来るのだ、という確たる自信に満ちた姿があった。
…と、言いつつも、「フリーでは優勝を意識して固くなった」と漏らす辺りに、若者らしい気負いを覗かせるところも、また魅力的だったり。
前々日の公開練習も含めて、その一部始終を、この目で見届けることが出来たということは、本当に幸せなことだと思いましたよ。
すいか | 町田樹 | 01:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

町田樹くんのこと

ツイッターを始めるとブログの更新が疎かになりがちで、めっきり放置になってしまっておりますが^^;、超久々の更新です。

初めて彼に出会ったのは2007年。東京ワールド生観戦でフィギュアスケートにどっぷりハマってから割とまもなくの、日米対抗(そういう企画があった)のことでございました。
当時ジュニアの高校生、こちらもまだまだハマりたてて余りよくわかっていなかったこともあって、「あー高橋に似てるなー」以上の感想もなく、スルーもいいところだったのですが。(今動画見ると「やーこの白鳥、なかなかよくね?火の鳥の萌芽が見えるよ?」とか口走っちゃうので、人間の感性なんてわかんない)

その後も、全日本はNHK杯などの試合で見かけるたびに「音楽表現が良い」「踊り上手い」というポジティヴなコメントは発するものの、強く印象付けられるには至らず。

で、初めて生で観たのは2011年のファンタジーオンアイス新潟。ランビ振り付けの繋ぎ詰め詰めの「ドン・キホーテ」を必死で踊ってる姿はかなりの好印象で、後で「ランビで観たかった」などのコメントをネットで見かけると「頑張ってたじゃん!」ってムッとするくらいには好感持っていて、フィナーレでエラい楽しそうなランビを並んで踊ってるその身長差が可愛い萌えるとか言いつつも。
「たくさんいる有望な男子の若手の一人」という域から出るものではなかったのでございます。

その状況が一変したのが、2012年のスケートアメリカ。SPのランビ振り付けのFUYAもドンキほどランビっぽくなくて、いいじゃんって好印象ではあったんですが、フリーの「火の鳥」が!もう音楽との親和性がすんばらしくてですね。リアルな鳥の動きにもすっかり魅せられてしまい、「有望な若手の一人」から「気になる選手」に一気に格上げされたのでありました。
続く中国杯では、例によって、浅田、高橋の影に隠れたメディアでの扱いの悪さに、「町田樹を知らないの?あんな素敵なスケーターを知らないなんて何て可哀そうなんでしょう!ってドヤ顔してやれ」って、かつてあっこに使った表現を使ってたり、その中国杯で優勝したのを、あっこも中国杯が初GPS優勝だったわねーなどと想いを馳せてみたり。

んがしかし。
その年の全日本で大自爆をやらかした彼は、あっこちゃんの不調に心を痛めて、他に気が回らなくなってしまった私の視界から消えて行ってしまったのでした。(あの時期は、全日本、国体、四大陸、ワールドと、ほんっとあっこの好不調の波に振り回されてたからなー)
風の噂に坊主頭になったとか、オフシーズンに入ると自分で振り付けた新プロがいいらしい、みたいな声は聞こえてはいたのですけれども。

そうして迎えた2013-14のソチ五輪シーズン。
GPS初戦のスケートアメリカ。
SP「エデンの東」。
それまでクリアーに決まった例のない(ゴメン)クワドを、コンボでクリーンに決めたパーフェクトな演技での優勝はもとより。
その圧倒的な抒情と、壮大な世界観に、すっかり打ちのめされてしまったのでした。
更に。
EX「白夜行」。
生きていくことの痛みがひしひしと伝わるようなプログラム。
こんな表現がフィギュアスケートであり得るのかと。

この時点で、すっかり魂が抜かれていたのですが、未だ自覚するには至ってはいなくて、あくまでもプログラム萌えだと思い込んでいたのですけれど。

現地観戦した2013全日本選手権。
目の前で演じられたパーフェクトなエデンに茫然としていたところに。
力を振り絞ったフリー火の鳥の演技が終わった後、彼が、こちらのサイドに向き直って、あの美しい挨拶をした瞬間。

あ、恋に落ちたなって思いました。

その瞬間、彼、町田樹は、私の中で特別なスケーターになったのでした。

町田くん自身が「失恋」と表現した、ちょっとほろ苦かったソチ五輪。
私も個人戦男子SPが終わった後、仮眠から覚めた瞬間「あールッツが抜けなかったらなー」と考えていたりしていたのですけれども。
でも、フリーで冒頭の4T転倒したのにも関わらず二本目の4T-2Tはしっかり決めて、がむしゃらに踊り切って銅メダルまで僅差の5位に巻き返した火の鳥は素晴らしかった。

何よりこの五輪が町田くんにもたらした変化というものがこれほどまでだったかと目を見張ることになるのですけれども。

それはまたエントリーを改めて(マジか)

嗚呼、町田沼の底が見えない…。
すいか | 町田樹 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH