Dreams on Ice 2010

雪夫妻、CaOIout…orz。
LAのヨナちゃんのショーに出るそうな。
ランビもそっちに出るので、今年はさいたま欠席なのね…。

で。
FOI見たかった見たかった見たかった見たかった
あっこちゃんのべりーだんす…。

閑話休題。
リハビリゆるゆると続行中。
DOIのBSフジ放送分、見ました。
感想をかいつまんで。

・実況がキモいアナじゃない!!!
・キモポエムがないと、副音声でなくても何て快適なんでしょう!!
・ゆきこちゃん、「チムチムチェリー」。とても可愛い煙突掃除屋さん。
・少し見ない間に、めっきり体つきも顔つきも大人っぽくなったので、びっくりです。
・ジャンプとか大丈夫かな。
・遥ちゃん、ぽんぽん持ったチアガールプロって結構微妙になりがちなので、どうかなって思ったんですが、すっごく楽しそうで、可愛らしくて、とても良かったです。
・ゆづぽん、和風アレンジ「白鳥の湖」。ジョニー化がどんどん進んでいるような…。いや、全く無問題ですよ?
・かなこ、“Be Italian”。このくらいの年齢の女子選手にこういうプロを振付けることには批判的な人も多いけど、てか、自分も余り…だけども、木戸サンがダンスの選手について、「ジュニアのうちは、いろいろなものを経験して、自分に合ったものを見つけることが大切」とコメントしていたのを聞いて、シングルの選手もそうかもって思いました。
・意外と、しかるべき年齢になったから、急に大人っぽいプロってのも、なかなかすぐには切り替えが利かないものだからねえ。
・かなこちゃんは演技力があるので、若いうちからいろいろ試してみるのもいいんではって思ったです。
・章枝様、「シェヘラザード」。お腹も襦袢にしないで出した方がと思うのですが、競技用ならそうはいかないか…。いやでも、素敵なプロ!軽やかに駆け抜けるすぐりんのSlStが戻ってきましたよ!今季は大期待!!
・南里くん、南里メドレー。最初ミルヒーかと思った…。元気に現役続けてくれそうなので、嬉しいです。応援してるよ〜。
・神宮アイスメッセンジャーズグレイス、昨季は東女体大ではなかったのですね。でも世界トップ10に入るだけあって、演技が洗練されているだけでなくて、メイクとか衣装のセンスなどもちょっとレベルが違う感じでした。とても良かった。でも「医龍」ですか…。
・あっこちゃん 「ジェラシー」。華やかで軽やかな、素敵タンゴ。今季も期待できそう。ワクテカ。
・美姫ちゃん、可愛いは正義
・でも、インタビューの時の顔が、めっきり大人っぽくなっていたので、ちょっとびっくりした。
・ランビ、レイ・チャールズ。やっぱりエロくない。爽やか。でもデラ素敵。そして、今日も客席はスイス。
・プルさん、“Je Suis Malade”。それはそれは大人気で、ソルトレイク以来のファンの方々が大勢いらしていたという印象。ですが、思ったより客席はロシアでなかったように見受けられましたが。
・国旗を振る習慣がないのやもしれませぬ。
・大ちゃん、ランビ振り付けの「アメリ」。
・タイツですか。いやタイツはちょっと。男性のタイツが苦手なのでクラシック・バレエがようけ見きらん人なんで。
・思いっきりランビっぽいですが、でも美しい3Aを跳んでいて、超絶スピンがありませんでしたので、大ちゃんなのでした。もろランビエールという評価が多いですが、個人的には、こういう繊細なプロを演じる大ちゃんは大好物なので、結構気に入ったです。
・でもタイツはちょっと。
・浅田さん、やはり淡々とショパンなどを滑っていれば良いのはないですかね、この方は。
すいか | アイスショー(09/10) | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Medalist on Ice in Seoul

夏休み中は諸事情あって、リハビリが余り進まんかったです。
あ、去年のスケアメのエキシを観ましたよ。
客席の素敵な米国紳士に、煙草の火を点けてもらってる章枝姐さんが素敵でした。

で、BSジャパンさんで流して下さった、大変うらやましいメンツの韓国MOI。
メンツだけでなくて、進行とか(みんな2プロずつやってたし)会場のレイアウトとか(フェンスの広告を黒系で統一するとか。…日本もそうやってくれんかな…)も、なかなかうらやましい感じのショーになってました。
とりあえず感想をかいつまんで。

・美姫ちゃん、小耳に挟んでたとはいえ、いきなり2A-3Lo-2Lo-2Loをくるくるっと跳んだ時はびっくらしたよ。
・清夫婦、1プロ目のショーver.の歌入り「見果てぬ夢」、とても素敵でしたけども、そして清ちゃんの白いお衣装とお揃いの健兄のトップスはとても綺麗でしたけども。
・健兄のボトムの膝に変な飾りがついてるのが、無性に気になっただ…。
・2プロ目はダンサブルなナンバー。
・こういうナンバーをばっちりこなせるのが、この組の強みだよなー。
・健兄、ダンス上手い。さすがアイスダンサーの出だけある。
・雪ちゃんたちは、何せ兄さんが…ゲフンゲフン。
・ジェフ、1プロ目のグレン・グールド・トリビュート。
・トリノ五輪シーズンの最初のLPですね。実は初見。
・複雑なピアノの音色を拾い捲くってるのが、いつもながらに凄いんですが。
・特に、足元で左手の旋律を、上半身で右手の旋律を表現しているステップには、もう絶句。
・CaOI行く(行ける、ハズ。仕事だけど)んだけど、これやってくれないかなー。
・ストーンズもいいんだけどさ。
・ジョアニー、1プロ目はショーver.の「ラ・クンパルシータ」。ふと思ったんだけど、これってさ、もしかして男性パート踊ってるの?
・そう思ったら、余りタンゴっぽくないなーって思ってたのが、結構それっぽく見えてくるので、不思議。
・さすがアニキ。
・2プロ目の“My Immortal”は、ジョアニーの祈りそのもののようで、本当に美しくて、切なかったです。
・エロい人、1プロ目ショーver.の「椿姫」。
・こんな素敵な若くて可愛いツバメ(←)にエスコートされたら、天国。
・2プロ目は珍しくアメリカンなナンバーで、レイ・チャールズとかやってましたが。
・これが全然エロくないんだー。
・エロくないランビは、爽やかな好青年で、これはこれでエスコートされたらパラダイスな感じ。
・雪夫婦、1プロ目のショーver.の歌入りクィーンでは、スロージャンプに失敗してただが。
・魂のこもったSlStが、競技ver.のアレンジより一層音楽がシンクロしていて、素晴らしくて涙出たです。
・でも、やっぱり「トゥーランドット」最強。
・雪ちゃんが、兄さんの首に巻きつけた布を取る時、兄さんの懐に手を入れるのが、ちょっとエロくて萌えた。
・CaOIでも「トゥーランドット」やってくらはい。
・ヤグ、復活の「ウィンター」に軽く涙目。
・何より、ソルトレイク当時と遜色ないくらいに絞れていたのに、心底感動。
・やはりプル復帰に影響を受けたのかしら。
・一方のプルは、相変わらず“Je Suis Malade”で苦い大人の激情を演じていたよ。
・ヤグもプルもアップテンポでショー風味の強い2プロ目で、エンターテナーぶりをいかんなく発揮していましたよ。さすが。
・ていうか、こんなに演技力がある人なのに、五輪ではめっきり「ジャンプ馬鹿」枠に入れられてしまっていたのが、今更ながらに切なかったとです、<プルさん。
・ヤグもプルも、どーかこの時の状態を維持して、ショーに出て欲しいです。のーもあビア樽。
・エヴァン、2プロ目の「マン・イン・ザ・ミラー」が白かったので、黒いと言えなくなっちゃったですが。
・その「マン・イン・ザ・ミラー」が素晴らしかっただよ。
・エヴァンが長い手足を、ミディアムテンポのナンバーに合わせて動かすと、とても映えるし、この日は音楽によく合っていた。
・アメリカの大都会の朝焼けの情景が浮かびましたよ。
・「ラプソ」とかシナトラとかだと、大都会の夜景が浮かぶので、あーやっぱりエヴァンはアメリカ人なんだなーって思ったです。
・グループナンバー、女子ver.
美姫、デラかわゆす。
・何、このありえない可愛さ。
・ちょっと、もっと美姫の映像流しなさいよ!全く気が利かないなあ。
・可愛いは正義!
・男子ver.
・プルさんと健兄に挟まれている兄さんを見ながら、ドキドキしましたが。
・おや、結構様になってるじゃないですか。
・SOIに感謝だなー。
・SOIのツアーに参加してから、二人の演技は魅せるという面で一層洗練されたよね。御挨拶で兄さんが投げキッスとかするようになったし(笑)。
・どうでもいいことですが、最近、木村佳乃と雪ちゃんが似てきたような気がします。(ほんと、どうでもいい)
すいか | アイスショー(09/10) | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

STARS on ICE JAPAN TOUR 2010

ようやくリハビリ開始。
今更東京SOI、BSジャパン放送分とか観ました。…GPS開幕に間に合うのか。
以下、かいつまんだ感想など。

・BS放映順:オープニング→静香様→ゆづぽん→あっこちゃん→武史→ファヌフさん→マリーさんたち→のぶりん→美姫ちゃん→カート様→雪ちゃんたち→群舞(しー様、しばわんこ、萌えくん)→かなこ→ジョアニー→こづ→リード家→ジェフくん→大ちゃん→テッサたち→浅田さん→フィナーレ
・やっぱり見に行っとけばよかったな後悔1回目→オープニングのカート様の超絶ステップ
・やっぱり見に行っとけばよかったな後悔2回目→あっこちゃんのショーver.のWSS。
・ヴォーカル入りの「マリア」〜「トゥナイト」に乗って恋するマリアなあっこちゃんに、涙。
・ハードなナンバーに挑戦とな、武史。
・もうちっと板に付いてくるとな…。
・ファヌフさんの曲、ハートの「バラクーダ」って、絶対本人の選曲じゃないっしょ。
・でも、超かっこよくって素敵だったです。惚れたかもー。
・マリーさんたちは、今日も週末のラブラブ夫婦やってん。
・バックステージで、武史とマリーさんがぐーたっちから乾杯?って感じで遊んでた。
・馴染んでるなー、カナディアンに>武史。
・こづと浅田さんの演技の編集問題とか、そう言えばありましたけど。
・…編集してもらえなかったのぶりんの立場は…。
・やっぱり見に行っとけばよかったな後悔3回目にしてマックス→雪ちゃんたちの「トゥーランドット」!!!
・もう思い出すだけでも爆泣き。素晴らしかった。
・雪ちゃんが持ってる扇子についた長い布を兄さんの首に巻きつけるのが、「トゥーランドット」っぽくて雰囲気あるなーって思いましたけども。
・いやでも、ふと思ったんですよ。
・このPGは、冷酷な美女トゥーランドッドな雪ちゃんの愛を勝ち得たカラフな兄さんじゃなくて。
・オリンピックの金メダルという、この上なく冷酷で美しいトゥーランドットを、遂に二人が手に入れたってことなのかなあって。
・この二人って、きっとペアの歴史に長く名前の残る組になっていくんだろうなって思ったら、長野五輪イヤーの頃から二人を応援してきたことが大変誇らしい気持ちになりましたよ。
・カナダの二大アイドル男子を従える静香様の、何と威風堂々たることよ。
・じゃぽねーぜの誇りだ。
・やっぱり見に行っとけばよかったな後悔4回目→こづのショーver.の「ギターコンツェルト」。
・ショーver.で余裕のあるせいだと思うのだけど、上半身が見違えるようによく使えていた。
・この子って、ほんと音楽を感じて表現する力が高いなーって思いました。
・カートさん振り付けの新PG、ワクテカ。
・ジェフの「悪魔を憐れむ歌」。
・こういうアップテンポなナンバーは、どうしても無難にこなしてる感が否めなかったんですけども。
・音楽と一体化してのびのびと動いてて、すっごく良かった。
・GAORAで放送したスモーキー・ロビンソン・トリビュートの時も思ったんですが、アップテンポな音楽を表現するにあたって、何か掴んだことがあったのかもしれない。
・フィナーレで、いきなり兄さんがセンターにいたので、ものすごーく緊張した。
・すぐ雪ちゃんと絡んでたけど。
・そんなに酷い悪目立ちとかはなかったよ?
すいか | アイスショー(09/10) | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH