氷上のふたり ロシア・フィギュア 愛と挑戦の物語

ソルトレーク五輪を目指すロシアのフィギュアスケート・ペア、マリア・ペトロワ(マーシャ)&アレクセイ・ティホノフ(アリョーシャ)の奮闘を描いた2001年製作のドキュメンタリー番組。

初回放送時には、ハイビジョンの視聴環境になかったので見れてないのは当然なんですが、結構何回か再放送してたんですねえ。
何で今まで観る機会がなかったのかしら。

いや、良い番組でした。
日本では、フィギュア世間ですら何かと日陰に置かれがち(「ペアはよくわからないんですがー(^-^)」なんて言うヤツがフィギュア・ファン名乗ってんじゃねえええ(T_T)←負け犬の遠吠え)なペアスキーにはたまらない企画であるだけでなく、フィギュアスケートの番組として見ても、非常にクオリティの高い番組であったかと。
ジャンプでの転倒が2回あったベレシハのプレゼンテーションが何故高いのか、ちゃんと当日のジャッジに取材しているというのがね。
サッカー関係のドキュメンタリーを見ても思うのですが、スポーツのネタをNHKのドキュメント班が扱うと、驚くほどクオリティの高い番組が出来ますよね。
素晴らしいと思ったです。

ペトティホと言えば、雪ちゃんたちが怪我で棄権した2005年の世選の表彰台で、アリョーシャが雪ちゃんをお姫様抱っこしてくれたというのが印象深くて、アリョーシャって、ほんとにいい人やねーって感じなんですが。
マーシャに接する時の態度も、「自分は年上なんだから、しっかりマーシャを指導しなきゃ」感に満ち溢れてて、「あーいい人なんだなあ」って感じ。
が、それにしても、今となっては、この二人が競技上でも私生活でもカップルとして全うしている(今年娘さんが生まれたそうですねー。ぱちぱち)のを知っているから、安心して見ていられるけど、当時は結構「この二人、大丈夫かな」ってハラハラして視聴者は見てたんじゃないかなってくらい、練習の時の緊張感は凄かった。
カップル競技で、いかに互いの信頼関係を築いていくかが、どれほど困難に満ちているか、そして、それで世界のトップクラスまで上り詰めたカップルの絆というのがどれほど深いものであるか、凄く伝わる内容だった。
「現実には恋愛関係ではない相手の方が良い演技ができる」と言うベレシハと、プライベートでもカップルになりつつあるペトティホが実に好対照。(でも、自分、ベレシハは恋愛関係だと思ってたよー、当時)

ロシア・ペアは、それこそ2、3年での組み替えは普通(番組の時点で、ペトティホはペア結成4年、ベレシハは5年)ということですが、トップペアは10年以上(雪ちゃんたち18年、清ちゃんたち17年、丹ちゃんたち12年…凄ェ)組んでて、滅多に組み替えの話題を耳にしない中国ではどうなのかなーとか思ったです。姚濱コーチは、とにかく男性に「パートナーの女性を大切にするように」って教えるそうだし、姚門下じゃない聰くんも文静ちゃんに気を使って上げてる感じだから、その辺が長続きの秘訣なのかしら。中国の男性って、結構人当たりが良くて、優しいんですよー(←実体験)。…女性は、もっすご気が強いけど(同じく実体験…)。

それから、ベレシハの演技を久し振りに観られたのが、とても嬉しかった!
エレナ、本当に可愛かったよねえ。大好きだったよ。
練習の時点で、もう身のこなしとか本当に美しくて、別次元という感じ。
この年のLPのチャップリンは、本当に素敵かった。
フルで、かつHVで、BDで残せたのは、とても嬉しいことでした。
本当に好きだったなあ、この組。
ソルトレイクがあんなことになって残念、と言うか、本当に悔しい。
この番組でもカナダのジャッジ(ってとこが皮肉ね)が指摘している通り、たとえミスがあっても、二人の調和は完璧だった。それはそれは美しい演技だった。
金メダルにふさわしいカップルだったのに。
ISUがカナダの抗議を受け入れちゃったのが、不正があったと認めることになって、今、日本のフィギュア世間で横行してる、いわゆる「陰謀」論に一つの根拠を与えることになってしまっているのが、本当に残念。
雪ちゃんたちが、やり直しの表彰式を拒んだのは、偉いと思ったよ。二人は、この組を目標にしていて、そして、あの素晴らしい「タイスの瞑想曲」に行き着いたのだよね。
そんなこんなで、未だにサレペルにはちょっと含むところがあるというのは秘密だ。(来年の東京SOIに今ひとつ気乗りしないのはそのせいもある。てか雪ちゃんたち、inしないの?(T_T))
カナダには好きなスケーターがたくさんいるので、カナダ・フィギュアがどうこうってことは言わないけど。

ロシアでペアに選ばれる男子って、ジャンプは余り上手くないけど、ガタイのいい子っていう話のところで、「僕より体の小さい子がもっと上手にジャンプ跳ぶから、僕はペアになると思う」って言ってた男の子の後ろに、ノダリ・マイスラーゼ発見!!当時13歳なんで、年齢から言っても間違いないかと。
あの辺に固まってたのは、ペア候補の子だったのねって納得。
道理で、ロシア・ペアって、男性が棒ってことが多いんだな。
女子は、小柄というのはもちろんだけど、「気の強い子」が求められるって趣旨のことを、マーシャたちのコーチが言ってました。やっぱし?

他にも、プルさん(ガキんちょ…)とか、イーラとか、あとリアシェンコの演技が垣間見れたのが懐かしかった。
プルさん、この年、MJメドレーとかやってたんだっけか。忘れてた。
あと、アリョーシャの友だちとして、ウルマノフ(彼もアリョーシャやねん)が出てきてたよ。若いねえ。

こういうの、中国ペアでも観たいなあ、でも難しいだろうなあお国柄的にって思ってたら、スポーツナビに上がっていた成美ちゃんのインタビュー(とても良いインタビュー!)で、結構中国ペア事情に触れられていたので、面白かったです。
成美ちゃん、お父さんの仕事で中国に住んでた時、ナショナルチームと一緒に練習してたんですねえ。国籍の違いとか全然気にしないところが、中国らしいと言うか。
昊くんに凄く仲良してもらったというエピソードには、さもありなんと言うか、本当に昊くんっていい人やねーって言うか。
成美ちゃんが、普段の練習で中国のトップペアを見慣れてたんで、中国杯で来日する組のツイストリフトやスロージャンプが低いのを不思議に思ったってエピソード、さっきスケアメのペア見てて、なるほどって思ったです。(文静ちゃんたちに匹敵する高さのツイストとスロー投げてたのって、サフソルぐらいやってん)

いやー、フィギュアスケート・ペアって、本当に面白いですねーって、お願い、みんな分かって(T_T)。
すいか | フィギュアスケートのTV番組 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

高橋大輔 五輪への復帰戦

うっかりしてて、15分くらいから見始めたんですが。
やー、いい番組でしたな。
まおみきが絡まないと、地上波民放でもこれだけストレスフリーな番組作りができるんですな。

小出しではありましたけど、タニスたちとか武史とかシェイリーンさんとか清ちゃんたち(清ちゃん、髪切ったのねー。フィナーレのリフトが美しかったなー)の映像を流してくれたり、カートさん(足元凄ェ)がショーの目玉だったって、ちゃんとわかってるし、エヴァンを世界チャンプとしてきちんと紹介して、こづともども長めに演技を紹介しているのも、見識高いと思うし。(こづの新LP、よさげ〜。でも衣装は着回し…)
欲を言えば、明子さん見たかった(ひょっとして、最初の方で流れたのかもしれないけど)とか、静香さまのカルメン、チラ見でもいいから見たかった(お衣装がデラ素敵だった)とかありますけども。それは、まあ。
まおみきのどっちか(特にまお)が出てたら、とてもこうは。

変に煽らない、萩原さんのナレーションでの進行も良かったし。

しーちゃんって、ほんと漢前やって思いました。「兄貴」ですよ、「兄貴」。
フィナーレで、トリノのFSのSlSt踏んでた(キレが全く落ちてないのも凄い)のには、鳥肌立ったですよ。

個人的なことを言うと、この6月に足をちょっとばかり骨折するということがあって、多少松葉杖ついて歩いても、大きな支障をきたすような生活ではないんですが、それでも、「足折れてなかったら、出来たのに〜」ってイラっと思うことが結構あったんですよね。
それで、特に足に大怪我をしたスポーツ選手って凄いフラストレーションたまるだろうなあ、アスリートにとって、「走れない、跳べない、動けない」というのは、本当に辛いんだろうなあって、思い遣ってしまったのです。

大ちゃん、大変だろうな…って、しみじみ思ったんですよ。

今回の番組でも紹介されてましたけど、あんなに軽々と4T跳んでた人が、ろくすっぽ歩けもしないんですよ。
一時期引き籠もったというのも無理ないと思うし、よく戻ってきたなあって思います。

前に、ちらりと映像見た時にも、滑りがとてもクリアーになっているのと、スピンがものすごーく上手(シットポジションになっても、スピードが落ちない!(驚愕))になっていて、びっくりしたんですけれども。

FOIの“luv letter”、素敵でしたね。

ぶっちゃけ、衣装はそーとー微妙だし、「…髭剃ってよ…」って感じで、相変わらずビジュアルには、かーなーり不満がありますけどたらーっ

ああいうルックスだし、メリハリで言えばハリハリハリーって動くたちなので、あんまりフェミニンなのは合わないんじゃないか、もっとマニッシュなPGの方が合うじゃないかって、ずっと思ってたんですけど。

柔らかな動きがとてもよく出来るようになっていて、繊細な音楽が凄くよく表現できるようになってて、今までみたいに無闇に気合が前に出る感じがなくて、じーんと心に沁みる演技で。

もう、だだ泣き。

現地総立ちも納得。ファンはどんなにかうれしかったでしょうね。

LP「道」も、なかなかですね。カメレンゴさんのPG、合うかも。

FOI行きたかった、仕事なんて、とまたもやホゾを咬んでますが、まあ、N杯、楽しみにしとりますけんね。
初戦は、フィンラディア杯だそうで。
ネーベルホルンでランビとガチ勝負?って言われましたが。
二人とも、満足のいく演技でシーズン始められてるとよいですねー。
すいか | フィギュアスケートのTV番組 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

プレーバックNHK杯 その3とその4

引き続きプレーバックN杯。
第3回「華麗なる女王争い」と第4回「パワーの男子 魅惑のダンス」の感想です。

第3回は、90年代後半から五輪イヤーの2001年までを、女子シングルを中心に。
1996年は、両雄(って言っていいのか)静香様と章枝様が、奇しくも共にN杯初出場した年。
当時14才だったしーちゃんは、まだまだジュニアっぽくって、いかにも中学生って感じで可愛らしかったですが。
当時15才のすぐりんは、既に何かが違ってました。
メイクとか表情とか演技とか、後年のすぐりんワールドを彷彿とさせるものが既に。
章枝様は、既に双葉の頃から章枝様だったのですね!
二人とも、この後どちらも17才の時の演技が流れてましたけど、しーちゃんは、やっぱりまだまだたどたどしいしーちゃんで、女王静香様への道未だ半ばという感じでしたけど。
章枝様は堂々たる演技で、イーラと並んで表彰台ゲット。インタビューも「お客様の応援で…」と淀みなく(今季の全日本のインタビューと全然印象が変わらないんだよ)、既に堂々たる社会人章枝様。
恐るべし、章枝様。
長野五輪の年にCMで人気が出た、可憐なエレーナ・リアシェンコ嬢とか、絶世の美女マリア・ブチルスカヤ様とか、懐かしかったですねー。
でも、やっぱり、ワタクシ的ハイライトは、雪ちゃんたちの「トゥーランドット」。
さすがに03年のワシントン世選での神演技には及びませんが、スケールがあって、ダイナミックで、でも二人の間に流れる空気が何とも柔らかくて、繊細で。音楽表現も素晴らしかった。
同時期に覇権を争った、ベレシハとサレペルも、フルで紹介されてましたけど。
うーん、正直この時点(98年)では、格が違いすぎる(サレペルは初出場)感が否めませんな。
ベレシハは本当に優雅だし、でも技のダイナミズムもあるし、バランスの取れた素敵なカップルだったのに、あんなことでケチがついちゃって残念。

第4回は、同じく90年代後半から五輪イヤーの2001年までの、男子シングルとアイスダンス。
男子はヤグプル時代真っ盛りだったのに、プルしか来てなかったんですね。ヤグの映像が見れないのはちょっと残念。
プル初出場、何かスゴいのが出てきたなーって思った(いろんな意味で)のをよく覚えてますわ。あと、いきなり4−3−2をぶちかました時も。当時、「世界最強のイロモノ」って身内で呼んでたことを思い出しましたよ。踊り上手なんだけどねー。ヘンな踊りばっかり。
武史のクワド成功した「仮面の男」、ダイジェストってあんまりじゃないデスカ!
そりゃあ、武史といえば「アランフェス」なんでしょうけども。武史1プロしかフルじゃなくて、プル2プロフルってオカシクナイデスカ!
日本人よ、もっと本田武史をリスペクトせよ!!!
ダイジェストだけど、クワド決めてガッツポーズな武史に爆泣。
「アランフェス」が素敵なのは言うまでもないですけど。でも、ジャンプ全ミスだったしなー。3Loぐらいはちゃんと跳んでくれって今更言っても詮無き事哉。
01年の表彰台、隣に立ってるカナダのしばわんこが気になって気になって。
イリヤくんのキリンプロとかも紹介されましたけど、余りジャンプの調子がよくなかったので、残念。結構余裕のあるプログラムだったので、タラソワおばちゃん、真央ちゃんにも五輪シーズンにはゆとりのあるプログラムを組むのかなって推測してみる。どっちでもいいけど。
あと、アイスダンス。
フーマルは、ほんっとマウリシオって棒だったんだなーとか、シェイリーン姐さん初々しーとか、ロバアベ、仲良さそうだったな…ふぅ〜んとかいろいろありましたが、やっぱり何と言ってもアニペーですよ。
FDの「カルミナ・ブラーナ」も素敵でしたが、EXの「仮面の男」にはだだ泣き。ああ、この組、ほんっと好きだったなあってしみじみ思い出してました。
リフトも(男女逆も含め)随分多用してましたけど、今のように点数稼ぐために無理クリ入れるのではなく、表現するために必要な演技として、自然な形で入ってる。
採点法については、シングルとペアについては新旧で一長一短があると思うのですけど、少なくともダンスに関しては、確実に旧採点の頃の方が面白かったよなあってしみじみ感じた次第。
すいか | フィギュアスケートのTV番組 | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

プレーバックNHK杯 その1とその2

年末のBSでの一挙放送の時に撮った「プレーバックNHK杯」を今更観てます。
とりあえず、第1回「伊藤みどりとライバルの時代」と第2回「氷上の貴公子たち」を観終わりました。

第1回は、N杯が始まった1979年から1980年代。
80年代前半まではハイライトのみ。
渡部絵美さん可愛かったなーとか、五十嵐文男さんもっと見たいなーとか、デニス・ビールマンさん超かばええとか、タ、タノ様!タノ様はフルで観たかった!とかいろいろありましたが。
やはりメインは、みどり様がぶいぶい言わせてた80年代後半。
この当時は、フィギュアスケートと言えば女子!伊藤みどり様!という典型的な日本人だったワタクシとしては、みどり様とヴィット様という余りに対照的なライバル対決を興味深く見守りましたよ。
ヴィット様の伝説のLP「カルメン」、あのダンスの上手さ、演技力は今見ても神!と思いましたが、ルッツもフリップも入ってないジャンプ構成には、たらーっ
続くみどり様が、いきなりポーンと空高く舞い上がって3Lzを決めておられたりするものですので。あんな3A跳ぶ人、今の現役男子にもなかなかおらへんよなー。でも、今見るとフリップとか巻き足気味だったんですなー。
ただ個人的に一番興奮したのが、ベステミアノワ&ブキンの「韃靼人の踊り」をフルで流して頂けたこと!
ええ、カルガリー五輪の折り、女子シングル以外には全く興味がなかった平均的日本人であったワタクシに、強烈な印象を与えた演技ですよ。
いや、今見ても実に濃い。メイクが五輪の時と比べて大人しめなのがちょっと残念だし、やたら男性の背中側から映っちゃってるカメラワークどうよくもり(NHKもカメラワークがダメだった頃があったんですなー。民放各社も今後精進するようにって何様)ってのもあったんですが、満喫しました。やはりワタクシ的に、この組を超えるインパクトのダンスカップルは未だいない。
出来れば、ゴルデーワ&グリンコフもフルで流して頂きたかった…ポロリ本当に、この組のユニゾンは、神!ですなーポロリ
こちらもハイライトでしたが、ブラスール&アイスラーのプログラムもうれしかったです。この頃のカナダ・ペアって、こんなにアクロバティックだったのにね。今はどうしてあんなに大人しくまとまっちゃってるのかしらね。つまらん。男女逆転EX放送もぐっじょぶ。
あとは、髪がふさふさだった頃のズーリンとか、やっぱり髪がふさふさだけど生え際ちょっとヤバそうだった頃のカートさんとか、王子様だった頃のペト様とか、興味深く鑑賞いたしましたよ。
それから、この時代のスケーターは、みんな足元が綺麗ですよねー。やはりコンパル世代ですな。
ところで、この頃の日本のお客さん、静かで大人しくてびっくり。みどり様のノーミス「シェヘラザード」なんて、今だったら会場総立ちでしょう。なのに、歓声もなくて、ただ拍手のみ。スタオベとかもなし。でも、喜んでるらしく、プレゼントの投げ込みはたくさんある。不思議の国、ニッポン。

第2回は1990年代前半。
リレハンメル五輪以降、男子も真剣に観るようになったので、貴公子様たちは懐かしい顔触れがズラリって感じで超楽しかったです。
N杯といえば、やはり伝説のエキシビ帝王、ロロ様ですが。
LP「ゴッドファーザー」、後半休み過ぎですから。つか、すっごくガリガリした滑りだったんですね、この人。フランス男子の伝統か。(ポンちゃんは?)
ウル様は、N杯は調子の悪い映像しかなくて可哀そうでした。
トッドの「ゲティスバーグの戦い」、エルヴィスの「ラスト・オブ・モヒカン」は、今見てもだだ泣き。トッドはもちろんですが、エルヴィスもジャンプだけでなく、スケーティングもとても綺麗だったんですねー。音楽表現も素晴らしかった。
それから、本田武史君、14才。当時は、何か垢抜けないけど可愛い子が出てきたなーって思ってたですが、今見ると、恐ろしい子どもだったんですな!この恐ろしい子どもが成長して、日本男子シングル躍進の端緒を作ったのですな!(よく転んでたけどな!)
ダイスケもノブナリもこづこづも結弦くんも、ここから始まったのだと思うと、感慨無量。日本の男子フィギュア・ファンよ、本田武史をもっとリスペクトせよ!!
貴公子ではないですが、ルルの「ラストエンペラー」も本当に素敵。これで、彼女のファンになったんですよね。個人的ベストは、この次の年のSP「望春風」なんですけど、「ラストエンペラー」も大好きでしたよ。
あと、モニオット&ラバンシー、素敵な組だったんですね!今くらいアイスダンスを真剣に見てたら、お気に入りになったと思う。いや、惜しいことをしたノーノー
すいか | フィギュアスケートのTV番組 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
twittter
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH